« GWご来観ありがとうございます。 | メイン | ころわんグッズの紹介 »

2013年05月10日

きよさと通信 5月10日

いつもの清里よりすこし範囲を広げて、当館も参加している「八ヶ岳ミュージアムリング」から、
北杜市の美術館を紹介してみたいと思います。

pho_keith0510.jpg
「中村キース・ヘリング美術館」(キースの社よこ)

キースヘリング氏がアンダーグラウンドなアーティストだった事もあり、
美術館ですが当時のナイトクラブの様な空間も。建物外観と緑のコントラストが印象的でした。
また、訪れた当日は翌日 5月11日(土)のワークショップ "Land Art" の準備中。
国外アーティストさんが、日本文化に詳しく『円相』というお話をしていました。
催し物は、屋外で小さなお子さんから参加できるようです。


pho_african0510.jpg
「AFRICAN ARTMUSEUM」(エントランス前 お庭)

アフリカのお面や染め物にビーズを見て、日本の能面や藍染めにとんぼ玉を連想します。
原始的な文化は共通しているところがあるのかなと、普段目にする事のない形をした、
アンティークな展示物をゆっくり鑑賞することができました。
現地からの品々も販売されていて、尋ねると丁寧に説明してくれます。
また、お手入れされたお庭や甲斐駒ケ岳が望める展望は一見です。

どちらも見応えある美術館です(絵本ハウス Staff)。

投稿者 ken kuroi : 2013年05月10日 16:06

コメント

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ