« 東日本復興支援チャリティー | メイン | ぶたのモモコシリーズ新装版 »

2012年03月07日

「黒井健絵本原画の世界展」松屋銀座

matuyaginnza.jpg

画業40周年記念「黒井健絵本原画の世界展」 〜物語との出会い〜

 ● 2012年3月14 日(水)〜26日(月)
 ● 松屋銀座8階イベントスクエア
 ● 午前10:00 〜 午後8:00
 (24日土曜は午後9:00まで、最終日午後5:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
 ●入場料:一般1,000円 高大生700円、中学生以下無料
  一般前売券 700円、高大生400円 (チケットぴあ、ローソンで3月13日まで発売)

新年から仕事やら展覧会の準備などで忙殺されておりましたが、ようやくお知らせすることができました。
前回の展覧会から5年ぶりに開催されるもので、半年前より準備に入りました。展示作品は旧作から最新作、描き下ろしまでの総数160点余の原画が展示されます。この展覧会のために作られた図録、グッズ類もころわんのぬいぐるみをはじめ、クリアファイル、マグカップなど多数が販売されます。
また、40周年を記念して黒井健原画、凪のフェルト作品の特別販売が特設会場で初日より一週間のみおこなわれます。私も14日初日と各土曜日曜には会場におります。皆様とお会いできることを楽しみにしております。

投稿者 ken kuroi : 2012年03月07日 00:20

コメント

40周年おめでとうございます。
160点も見られるなんて、夢みたいです。
とっても楽しみです。
ローソンに行って、チケット買って・・・、私も忙しくなりました。
それまでに、京都に行って、『宮沢賢治』のも見てきます。
暖かくなったり、また寒さが戻ったり、お疲れがでませぬように、ご自愛ください。
楽しみにしています。

(黒井)お知らせするのが大変遅くなりました。
   ようやく準備が整いつつあります。
   楽しみにして下さってありがとうございます。

投稿者 パセリ : 2012年03月07日 10:36

40周年おめでとうございます。

新聞で展覧会の記事を見つけ、
早速チケットを購入してきました。
初日と娘も行きたい!!と申しておりますので、
後日にも伺わせて頂く予定です。

もう、5年なんですね。
前回初めてごんぎつねの原画を見て、
最後の場面で涙が出てしまいました。

とても楽しみにしております。

ぶたのモモコも復刊されて、嬉しかったです。
素敵な絵本でした。

お忙しいと思いますが、御身体をお気をつけてくださいませ。

(黒井) 展覧会のためのオリジナルをまだ描いています。
   うれしいメールをありがとうございました。

投稿者 RIEKO : 2012年03月08日 11:21

黒井先生、40周年おめでとうございます。
もう40年も絵を描き続けていらっしゃるのですね…。
すごいです…。
そして、私が先生の絵と出会ったのは?と数えてみたら…28年前でした。
その間ずっと黒井先生の温かで優しい絵に、ホッと笑顔をいただいているのですね。
ありがとうございます。

しばらく近況の更新をしていらっしゃらなかったので、
きっと展覧会を前にとてもお忙しい日々を送っていらっしゃるのだろうと思っていました。
でも、もしかしたら体調を崩されていないかしらと、メールをさしあげようと思っていたのですが…
こちらも我が家のちびっ子たちに振り回され、毎日が過ぎてしまいました。

そして、待ちに待った展覧会のお知らせ!!
ご案内をいただき、文字通り小躍りしてしまいました。
ありがとうございます。
前回の同会場での展覧会を思い出しながら、早速チケットを買いに行ってきました。
本当はすぐにでも伺いたいのですが、
娘のピアノの発表会を控えておりまして(20日なのです)…
ですのでそれが終わってから、24日に参上いたしますね。
図録、とてもとても楽しみです。
それに描き下ろしの絵にグッズも…。楽しみがいっぱいです。
主人も、それから娘も「行く行く〜♪」ととても楽しみにしています。

それから…
昨年絵本ハウスに伺った後にメールをしたかったこと、今さらですが、書かせてください。
「うまれてきてくれてありがとう」、とてもかわいらしく愛おしい絵と、我が子の赤ちゃんの頃の姿が重なり、
胸が熱くなりながらずっと絵を見ていました。
とても愛おしくて大切な大切な絵本です。
また原画を見たいと思っておりましたので、今回の展覧会でも展示されるようで、すごく嬉しいです。
それから、「ミシシッピ」。
前回の展示のときのギャラリートークとはまた違ったお話が聞け、とても楽しく興味深かったです。
この旅、そして作品が、その後の先生のお仕事においても、それから先生の人生においても
すごく大きなものだったんだなぁとつくづく感じました。(生意気でスミマセン)
前回は「NORTHERN LIGHT」がお気に入りだったんですが、
今回は「SUNSET」にずっと目を奪われてました。
その時によって絵の感じ方、違うんですね…。

展覧会、本当に楽しみにしています。
どうぞお疲れが出ませんように…お身体ご自愛くださいね。 

(黒井) 昨年から地方都市のカルタ44枚の制作に入っていました。
   三市合併五周年記念のためのカルタで難しいやら楽しいやらで
   夢中になっているうちに お正月も過ぎて3ケ月が過ぎていました。
   その後すぐ、子どもたち向けの宮沢賢治の伝記に絵を描いていました。
   とうとう年賀状も書けませんでした。
   ご心配をおかけしてしまったのですね。すみません。
   
   今日から松屋銀座展が無事開会いたしました。
   過去最大の展示数になり、いい構成ができたと思います。
   楽しんで下さいね。           

投稿者 kaoruko : 2012年03月11日 03:45

40周年おめでとうございます。

私が保育士になってころわんに出会って24年、それよりもずっと長く頑張ってらっしゃった黒井さんに、心からおめでとうです。
黒井さんの絵本ハウスができて、友だちと訪れ、京都の原画展で初めて黒井さんにお会いして、ますますファンになりました。
今回、東京での原画展ということで、関西から行こうかなと思っているのですが、なかなか遠くて・・・もし、近いうちに関西か、岡山あたりから名古屋辺りまでの間で原画展の予定があれば、もう少し我慢しようかと思うのですが・・・なかなかお忙しいでしょうか・・・
保育園に努めているので、3月は何かと忙しく、ゆっくりとは行きませんが、日帰りでも東京に行こうかなと思います。黒井さんの絵に出会って、癒されたい気分なので♪土曜日には無理そうなので、日曜日にでも一日かけて行かせていただこうかなと思います。
京都の原画展で購入したころわんとちょろわんがみやこ忘れの野花を見ている絵、今でも飾って癒されています☆

(黒井) ころわんちょろわんをかわいがって下さってありがとうございます。
    
    本日松屋銀座展が始まりました。2週間の展覧会です。
    お問い合わせの今後の予定ですが、現在はっきりとお知らせできることは
    6月中旬から7月まで山口県の周南市が予定されています。
    岡山より先になってしまいますね。
    今後の予定に関しては、決定次第お知らせします。
    ときどきホームページをのぞいてみて下さい。

投稿者 purimama : 2012年03月11日 22:58

40周年おめでとうございます。

今日は友人と一緒に観に行き、サインもして頂きました。
私は天使のイラスト、友人はきつねのイラストを描いて頂き、大切な宝物が増えました。

原画はかなりゆっくり鑑賞する事が出来たのですが、
ビデオと絵本コーナーは時間的に観る事が出来なかったので
会期中にもう一度行きたいと思います。

凪さんの作品も素晴らしかったです。
幸せな時間をありがとうございました。
今後の活躍をファンとして楽しみにしています。

(黒井) 初日早々においで下さってありがとうございました。
   お陰さまで無事開催することができてホッとしています。
   凪の作品はご購入いただいたさきからお持ち帰りして
   もらっていますので、すでに半分ほどになってしまいました。
   喜んだり、見ていただけないのが残念だったりしています。 

投稿者 あさよ : 2012年03月14日 18:40

昨日伺わせて頂きました。
気が付けば3時間程、あっという間に過ぎていました。
とても素敵な時間を過ごせました。
サインも頂き本当に有難うございました。

最初の「ケンタウル祭の夜」の絵の前では、暫く動けませんでした。
うまく言葉にできないのですが、震災で亡くなられた方達が、銀河鉄道に乗っていれば良いなと心から思いました。
黒井先生の描く銀河鉄道の絵本がいつかみれますように。

帰りに日本橋の丸善にも寄って」きました。
ころわんのこけし可愛かったです。

また伺わせて頂きます。

(黒井) 来場下さってありがとうございました。
   原画展のためにオリジナルを描いたのは
   初めてでしたが、
   「ケンタウル祭の夜」を
   描いているときに鎮魂の思いが生まれてきた
   ことは不思議な気持ちでした。
   

投稿者 RIEKO : 2012年03月15日 12:35

40周年おめでとうございます。

黒井先生の作品と出会ったのは、某化粧品メーカーのカレンダー、30年近く前の事、それからのファンです。

今回の展覧会は160点余の原画展示との事。
見に行きたい!!のですが四国からは東京は遠く、6年前に大病をしてからは遠出もままならない状態です。
関西まででしたら何とかなるのですが、大阪・京都等での展覧会の予定はないでしょうか・・・お忙しいでしょうか・・・

(黒井) 今のところ西での開催は6月に周南市が決定しています。
    2年間の巡回ですので、いずれは大阪方面でも計画する
    つもりでいます。決まりしだいHPにお知らせいたします。
    図録の通販に関したは、4月に絵本ハウスが開館しましたら
    電話でお問い合わせください。できるだけお答えしたいと
    思っています。

展覧会に行けない者の為に、図録の通販はお願いできないでしょうか?

先生のこれからのご活躍楽しみにしています。
お身体ご自愛下さいませ。

投稿者 manchan : 2012年03月15日 13:05

40周年おめでとうございます♪

お忙しいのだろうなぁと思っていたら・・・原画展のお知らせが!
行きたい…ですがまだ出産して2カ月なので難しそうです。

ころわんグッズ、絵本ハウスでも扱っていただけますでしょうか?ぜひお願いいたします。
凪さんの作品の販売…こちらも拝見したかった!
また機会があることを願って。

春の絵本ハウスには家族4人でお伺いできるのを
楽しみにしております。

健さんもお身体お大事に。
今後のご活躍楽しみにしております。

(黒井) グッズの関してはもちろん絵本ハウスでも販売する
    予定でいます。凪のフェルト作品、原画の販売も
    絵本ハウス10周年記念として考えています。
    決まりましたら、HPでお知らせいたします。

投稿者 雄ママ : 2012年03月16日 01:22

40周年 おめでとうございます。
3/15展覧会に伺わせて頂きました。夕刻に参りましたので比較的ゆっくり拝見することが出来ました。(平日ですので先生には直接お逢い出来ませんが、ビデオでお話を堪能しました(>_<))
絵本ハウスには残念乍ら出向く機会がなく、いつも本とこのサイトを楽しみしておりましたが、今回の展覧会、本当に沢山倖せをもらいました。

私事ですが「旅の絵本」が大好きで(ヤンときいろいブルンルも!)、当時付き合っていた主人に見せてから彼も先生の大ファンに。新潟転勤の時は「しなの川」をプレゼントしたり・・・色々な想い出を経て、今は毎年主人の机には先生のカレンダーがあります。
旅の絵本は品切れ?で彼に当時あげることが出来ませんでしたが、今はふたりで1冊見れるのでそれもまた倖せなことでしょうか。
展覧会で購入できた 雲の信号カップと、ころわんカップで先ほど二人でお茶をしたところです^_^ 

先生お忙しいとは思いますが、ご無理なさらずお身体大切になさってください。ありがとうございました。

(黒井)「旅の絵本」!私の本を長い間見ていて下さったのですね。
   ありがとうございます。
   最近のコーヒーカップは私の絵、夕日のカップです。
   大きさもちょうど良く、結構気に入っています。

投稿者 ごまぴー : 2012年03月17日 17:57

40周年おめでとうございます。

今日、長男の友達のお母さん達と一緒に伺い、原画
をかなりゆっくり鑑賞する事が出来ました。

サイン会の日でなかったので、黒井健先生とお会い
することができず残念でした。

ころわん、天使、風景のポストカードを購入させて
頂いたので、飾りたいと思っております。

次男には、ころわんの新作を購入しました。
読み聞かせしたいと思います。

お忙しいと思いますが、お身体をお気をつけて
下さい。

(黒井) 来場下さってありがとうございます。
    「ころわんどっきどき」シリーズ最新刊です。
    原画展のために、書店販売に先がげて入荷して
    いただきました。書店販売は4月初旬です。
    絵本ハウス4月スタートに原画展示する予定です。
    またお訪ねください。
    

投稿者 しゅんママ : 2012年03月19日 20:03

今日、展覧会拝見して来ました。
まず作品の数の多さに感激しました。ウチにある本の原画が沢山あって、「こんな風に描いてあるんだね」と感動しまくりでした。
春休みに入った娘も「行きたい」と言うので、久しぶりに2人でお出かけとなりました。イラストレーターに興味のある娘の方が、一枚一枚丁寧に見て感激していました。楽しかったし大満足の1日となりました。

(黒井) 原画の数が少し多すぎるかと気にかかっていましたが、
    思いがけず楽しんでいただいているようで、ホッとしています。
    娘さんとの外出のお役に立ててうれしいです。
    松屋銀座展も残すところ4日となりました。
   

投稿者 くじらママ : 2012年03月22日 20:21

黒井さん 40周年おめでとうございます。
そして、お疲れさまです!!

21日に、念願の、展覧会に行く事が出来ました。
入り口で お出迎えしてくれた、大きな“ころわん”に 感激しました。

実は、160点もの原画を拝見したら、頭の中が混乱するのでは?・・・と、
心配していました。
でも、黒井さんの絵は、たくさん拝見しても、不思議と「飽和状態」にならず、
スーッと吸い込まれて 心の奥におさまってくれるものだと、感じています。
構成も、観る者に優しい心配りをされていることを感じました。

原画の中で、特に印象深かったものは、やはり「ごんぎつね」です。

新美南吉さんの肖像画を、最初、「写真」だと思いました。
「権狐」を生徒達に聞かせていた頃の、華奢な、でも、意思の強そうな眼が、
大好きな写真なのですが、良く見ると
・・・「えっ?写真じゃなくて、黒井さんの絵?」と・・・
嬉しい驚きでした。
黒井さんの描かれた肖像画で拝見できるなんて、夢のようでした。
バックに書かれた「権狐」の草稿も、思いがけず、嬉しい1枚でした。
そして、
ようやく絵本の原画にお逢いする事が出来て、感激し、
離れがたく、5回も =^^;= 繰り返し拝見しました。

特に、最後の場面は、絵本からは伝わらないものを感じました。
肩を落とした 後ろ姿の平十が、実在して、
「ごん、おまえだったのか」という声が聞こえる気がしました。
その苦しげな、やるせない顔が見える気がしました。
ごんも、存在感があって、「ぬくもり」や「柔らかさ」を感じました。
ごんは、倒れているのに、決して「惨めな最期」の場面ではなく、
むしろ、「穏やかに微笑んでいて、神々しい姿」に見えるのです。
・・・「権狐」の草稿にある、「うれしくなりました」という言葉が浮かびました。

絵本を何度も見直しましたが、“ごん”の顔は ぼやけているので、
黒井さんが、そう描かれたのかなぁ?と、
実は、ちょっとだけ不満だったのです。
なので、
嬉しそうな、穏やかな“ごん”の姿に、心から安堵しました。

黒井さんの原画から、平十と“ごん”の想いが伝わってきたことは、
本当に嬉しいことでした。
「『権狐』の草稿にあった『救い』」が 描かれていたこと、
それを感じる事が出来たのも、嬉しいことでした。

長くなってしまいましたが、
すばらしい作品達に出逢わせてくださいまして、
ありがとうございました。
「森林浴」ならぬ「原画浴」(?)で、
いろんな力をいただいて、旭川に戻ることが出来ました。
本当にほんとうにありがとうございました。

これからも、
ご無理なさらずに、くれぐれもご自愛されてご活躍ください。

(黒井) 「原画浴」ですか、うれしい感想でした。
    南吉さんの草稿「スパルタノート」を記念館が
    貸出して下さいました。
    大変貴重なノートです、しっかり見てくれましたか?

投稿者 Atsuko : 2012年03月23日 17:06

40周年おめでとうございます。

本日原画展に伺いました。

今年こそ絵本ハウスに行きたいと思っていた矢先に
原画展が行われると知り、急いで前売りを入手。
そして今日を心待ちにしておりました。

展示会場ではたくさんの原画を見ることができ、
本当に幸せな時間を過ごさせていただきました。

また図録にもサインをして頂き、ありがとうございました。
名前とともに、キツネの絵も描いて頂けたので
本当に嬉しかったです。

今度は絵本ハウスに伺いたいと思います。

(黒井) 松屋銀座展も無事終了いたしました。
  おいでくださってありがとうごいました。
  清里もようやく春めいてきたようです。
  またお目にかかれる日を・・・。

投稿者 hayate : 2012年03月24日 21:59

黒井健さん40周年おめでとうございます!
私にとっての4度目の再会でしたが、30年程前と変わらぬ黒井健でしたので、とても嬉しく思いました。今回の160点もの原画を拝見できたのも、とても嬉しかったです!

私が「誌とメルヘン」愛読でしたので、もう30年程になるんですね。私は「誌とメルヘン」に載っていた黒井健のイラストが大好きでした。
それと、名古屋で開展されていた「ごんぎつね展」も本当に感動しました。新美南吉さんファンなので、本当に感動・感動・感動…でした。

次回の展覧会をとても楽しみにしています!それと、黒井健絵本ハウスも是非、行ってみたいと思っています。今後のご活躍を楽しみにしています。

(黒井) 長い間見守って下さっていたありがとうございます。
   まだ元気でいますので、新しい本を待っていて下さいね。

投稿者 カーズ☆彡 : 2012年03月26日 11:11

原画展は、昨日までだったんですね。
お疲れさまでした!!!
そして・・・ありがとうございました =^・^=


南吉さんの「スパルタノート」・・・
はい、拝見しました♪

記念館にも 展示されていない、
貴重な 貴重な 資料ですよね?
黒井さんの「ごんぎつね」の原画と一緒に
拝見できるなんて、夢のようでした。

・・・実は、現実感がなくて、
「あれは、マボロシだったのでは?」と、
記憶に自信を持てずにいましたので・・・
とっても嬉しい問いかけを頂きました。
ありがとうございました =^。^=


今回、図録の購入をしなかったので、
絵本ハウスがオープンしましたら、
お電話させていただこうと思っています。
よろしくお願い致します。

それでは、
お疲れの出ませんよう・・・

(黒井) お陰さまで原画展は無事に終了いたしました。
    おいで下さってありがとうございました。
    図録に関してですが、絵本ハウスで今は
    ご購入いただけません。手配中ですので
    もうしばらくお待ちください。

投稿者 Atsuko : 2012年03月27日 18:39

こちらの展覧会、本当に素晴らしいものでした。色鉛筆に無限の可能性があることを教えていただきました。是非とも黒井さんの原画を購入したいと思っていましたが、私が銀座を訪れた三日目にはほとんど完売しており、非常に残念に思いました。是非また松屋銀座で展覧会を開いてください。その時は今度こそ原画を購入できるように、楽しみに、いつまででも待っております。

また、黒井さんの展覧会や画集を見て感動し、稚拙ながら自分でも少し絵を描いてみようかと思い、いくつか画材を買ってきたのですが、黒井さんは、紙はどのようなものを使っていらっしゃるのでしょうか?昔何かの雑誌で(たしか『詩とメルヘン』の増刊号だったかと思います)、「アルビオンケント」というケント紙をお使いになられているというのを目にした記憶があるのですが、画材屋さんに行って聞いてみたところ、どうやらもう生産されていないようでした。今このホームページに載っている「Park」や「Twilight」「To home」などの作品の原画にはどのような種類のケント紙をお使いになられているのか、もし教えていただけましたら幸いです。

(黒井) お返辞が遅くなってすみません。
    しばらくアルビヨンケントを購入していませんでしたので
    生産中止のことは知りませんでした。
    現在、主に使っている用紙はアルシュ紙極細、細目です。
    最近は色鉛筆も使用しますが、多くはオイルパステルです。
    オイルパステルの場合は細目を使用しています。
    「Twilight」はオイルパステル、「To home」は色鉛筆でした。
    ・来年2月、横浜美術館「市民のアトリエ」で、初めての試みですが
     画法の講座を全4回で開校します。定員18名
     興味がありましたらお問い合わせください。045-221-0366

投稿者 maya : 2012年08月31日 21:06

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ