« 新刊絵本「バスがくるまで」 | メイン | 東日本復興支援チャリティー »

2011年12月03日

冬季休館

purez.jpg
<絵本ハウスのクリスマス> 木の実さん、薫子さんありがとうございました。

11月30日をもって今年の絵本ハウスは終了し冬季休館に入りました。ウィークデイにもかかわらずおいで下さった皆様、にぎやかな最終日を迎えられたこと、感謝いたします。
今年3月、未曾有の大災害に心が震えていました。絵本ハウスを開館することをためらっていましたが、スタッフとも話し、立ち止まらずに日々歩むことを続けよう、との思いで例年通り開館いたしました。被災地から高根町に避難された方々も訪れて下さいました。平穏な日々が来てくれることを一心に祈っています。

そして、今年も訪れて下さった多くの皆様、お陰さまで一年を過ごすことができました。ありがとうございました。

投稿者 ken kuroi : 2011年12月03日 23:58

コメント

新居の玄関ホールにリトグラフを飾らせていただきました。
絵本ハウスに触発されて、屋根裏部屋には丸窓をつけてしまいました。
春になったらまた清里にお邪魔して、子供部屋用の版画を求めたいと思っております。

(黒井)テラスの丸い窓は私も大好きです。
    丸く切り取られた風景を季節ごとに眺めています。
    

投稿者 村田 智 : 2011年12月18日 00:29

画業40周年おめでとうございます。
HPを訪れても冬季休館中で、ちょっと淋しいですが、
きっと今頃は松屋銀座の準備でお忙しいのでしょうね。
お身体に気をつけて、
また春にお会いできることを楽しみにしています。

(黒井) なかなかホームページの更新ができなくて
    すみませんでした。本当に冬季休館になって
    しまいました。春ももうすぐ!動きますね。

投稿者 inchan : 2012年03月05日 20:15

先日3/24(Sat)松屋銀座の展覧会へ22才の長女と一緒に伺いました。
長男(24才)と長女が小さい頃、寝る前の絵本タイムでダントツ一番のお気に入りが先生の「ころわん」シリーズでしたので、母娘で年甲斐もなくキャキャッとはしゃいでしまいました。
凪さんのフェルト作品の愛らしさ暖かさ、先生の木彫のおとぼけ(笑)も、本当にステキな展覧会でした。
最近、姪に赤ちゃんが、知人に初孫ちゃんが生まれたので出産お祝いは当然!!「ころわん」でした♪
暖かくなったら清里の「絵本ハウス」へ母娘で伺いたいと思っています。
先生と凪さんの益々のご活躍をお祈りしています。

(黒井) 「ころわん」生まれて30年になります。
    長い間ありがとうございます。
    今年も新刊が発行されました。
    絵本ハウスには新刊ころわんの原画を展示いたしました。
    お遊びにいらして下さい。
    


投稿者 まるママ♪ : 2012年03月27日 17:20

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ