« 新刊「招福堂のまねきねこ」 | メイン | 新刊「すみれちゃんのあついなつ」 »

2009年06月24日

展示予定・在館日の変更

tebukuro.jpg

●展示予定の変更
現在1階で展示されている「手ぶくろを買いに」の原画へのご希望が多く、7月29日(水)まで展示期間を延長することにいたしました。

●黒井健在館日の変更
黒井健多忙のため、7月1日の在館は中止になりました。

7月1日の展示換えを楽しみにされ、来館を予定されていた皆様にはお詫びいたします。

投稿者 ken kuroi : 2009年06月24日 20:54

コメント

卓上カレンダーの7月の絵、とても気に入っています。

私は黒井さんの絵の中でも、空と雲、波立つ青い海、
そして可愛らしいお家、これらが描かれているものが大好きです。

この7月の絵の版画とかは販売されていないんでしょうか?

あったらほしいな〜(。・・。)

(黒井) この絵は、版画にしていないのです。
    そうですか。考えてみますね。

投稿者 しっぽな : 2009年07月04日 03:26

清里まで行くには時間がとれないので、『佐川美術館』に行って来ました。
顔をくっつけて見てきました。(満足)
帰りには、ポストカードも買って・・・。
今月号の『MOE』に絵本ハウスが紹介されていて、心は清里にあるのですが、
なかなか出かける事が出来ないので寂しいですが、今日はいい1日でした。
近いうちに、出かけることが出来たらいいなぁ・・・。
お忙しい様ですので、くれぐれもお体には気をつけて下さいね。

(黒井) 先週私も絵を見に佐川美術館に行ってきました。
    素晴らしい美術館ですね。
    太田大八さんは、今年90歳になられる大先輩であり、
    画家の著作権を確立することに尽力された先駆者でもあります。
    大八チャンネルというたくさんの画法を持った名人なのです。
    みなさんも是非見て下さいね。

投稿者 パセリ : 2009年07月04日 17:35

佐川美術館、私も行ってきました。
一度にこれだけ沢山の絵本作家さんの原画を見るのは、初めてだったので、
気持ちの切替が大変でした。
馴染みの絵本たちとのいろいろな想い出が、
これでもかって追いかけてきました。

太田大八さんの60年・・・
黒井さんも頑張ってくださいね。
腰が曲がって、足が覚束なくなっても、
原画展を見に行けたらいいなあ。

(黒井) え?太田大八さんみたいに?
    それは無理だと…思います。
    太田さんは桁違いの方ですから。

投稿者 inchan : 2009年07月12日 20:21

「太田大八と絵本の仲間たち」が始まって、佐川美術館に2回目に行ったときに、黒井さんのサインを見つけました。
6月20日の鼎談も参加して、まだ最終日までに何回も行くつもりです。
こういう催しはとても楽しいですね!
毎回、絵本のコーナーで絵本を読んで、原画を何回も眺めて、ほぼ丸一日過ごしております。

実際に原画を見ると、やっぱりすごい!と思います。

(黒井) なかった私のサインがなぜここに?と思われたでしょうね。
    京都に行った折に、朝早く、開館と同時に美術館に入りました。
    私も、みなさんの原画が見たかったのです。
    素晴らしい美術館ですね。びっくりでした。
    

投稿者 真帆 : 2009年07月16日 21:27

佐川美術館。何処の美術館かしら・・・と、検索したら、わたしの、出身地で、しかも、妹夫婦が、構えた家の近くでした。
今回は、残念ながら、行けませんが、
帰郷のおりに、訪ねてみます。

投稿者 小野 真由美。 : 2009年08月05日 18:55

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ