« 6−7月黒井健在館日 | メイン | 展示予定・在館日の変更 »

2009年06月12日

新刊「招福堂のまねきねこ」

manekineko.jpg

「招福堂のまねきねこ」 茂市久美子・作  学習研究社 ¥1,200 6月23日発売 

「またたびトラベル」の続刊が発売されました。再び、作家茂市さんの筆が不思議な旅が紡ぎだします。
・再会 ・ネコの手貸します 
・またたび温泉 ・招福どうのまねきねこ
・後悔しない旅 ・耳かきマイスター
前作に続いて、またたびトラベル社が薦めるユニークなツアーがオムニバスに構成されています。
おもしろい!そもそも茂市さんご自身がユニークで不思議な人物なのですから。

投稿者 ken kuroi : 2009年06月12日 09:38

コメント

こんにちは。
「またたびトラベル」の続編、以前からとても期待していましたので、すごく嬉しいです!!
我が家の“ひとり息子猫”「エータロー」も私の知らないところで何かやってるかも・・・?
などと勝手に想像を膨らましてしまうくらい
「またたびトラベル」の物語は好きです。

先生が絵本ハウスに在館されている日に伺って
この本を手に取ることが出来たらいいなぁ・・・
と思案中の午後のひと時です。
梅雨入りしたのに晴れているのは私の誕生日だからだと
思い込むことにした本日は本当によい天気で、心が弾みます。
風が爽やかです♪

投稿者 あかねっち : 2009年06月12日 15:25

黒井先生、こんにちは。
久しぶりにこちらのサイトを覗かせて頂きました。
新刊がでるのですね♪

またたびトラベル?!どんな旅なのでしょう!
猫の旅と言えば、私は「HOTEL」が大好きなのですが、また違った雰囲気の旅が味わえそうですね。
なんだかほっこり幸せになれそうです。
発売日は絶対本屋さんでチェックしますね!

(黒井) そうですね、どちらも旅なのですが、それぞれ
    ちょっと違うかもしれませんね。
    「またたびトラベル」は不可思議な旅です。
    読んでみて下さいね。

投稿者 さばっこ : 2009年06月14日 22:41

ごんきつねのふるさと半田市の隣町に、セントレアの常滑市があります。最近の常滑焼は、急須から「招き猫」で売り出しています。南吉さんも喜んでいることでしょう。

投稿者 おおはし : 2009年06月20日 19:38

今度の連休に絵本ハウスを訪れる予定なのですが、
待ちきれずに取り寄せて、
一気に読んでしまいました。
本当に不思議なお話で、現実にかえるとありえないと思うのですが、
読んでる時は、全然違和感なく、時に猫の立場になってたりします。
黒井さんの猫って、本当にいいですよね・・・

挿絵という立場なので、カラーじゃないところが
ちょっと残念な気もするのですが・・・
黒井さんの灯りの描き方も大好きです。
原画はカラーなのですよね?
見てみたいなあ。

ところで、アマゾンを見ていて気がついたのですが、
今月17日に発行の新作があるのですね!!
連休に絵本ハウスで手に入りますか?

(黒井) 原画もモノクロですよ。
    もちろんカラーの絵はカラーですが。
    
    それから新作のことですが、なんでしょう?
    今描いているのは市販絵本ではありませんし…?
    スミレちゃんシリーズ3作目「スミレちゃんの夏休み」
    でしょうか?そうかもしれませんね。

投稿者 inchan : 2009年07月04日 11:24

小学館から「うさぎとかめ」が17日に出るとあったのですが・・・
新作ではないのですか?

モノクロの原画がモノクロだとは・・・
私の中で、ものすご〜く驚きです。
そうですか・・・
黒一色で、あんなにも微妙な色合いを出されるわけですね。
テレビや写真が白黒で育った私は、
本当は色があるのに、それを出してないだけだと・・・
ああ、思い込んでいました。
もう一回、そういう目で見直してみます。

(黒井) 「うさぎと かめ」!そうでした!
   つい先日原稿渡しをしたばかりでしたので
   今月発売とは思っていませんでした。
   <おかあさんのおひざ絵本>シリーズです。

投稿者 inchan : 2009年07月04日 23:21

今日、セントレアへ行くついでがあったのですが、
大橋さんのおっしゃるとおり、
常滑焼の「招き猫」がたくさんあって、
目移りしてしまいました。

右手をあげたもの、左手をあげたもの・・・
そして両手をあげたもの・・・
両手をあげたものも、とても可愛かったのですが・・・
勿論、私は左手をあげたものを選びました。

投稿者 inchan : 2009年07月05日 21:08

思った通り!!素敵な本でした♪
「またたびトラベル」「路地裏」そして、個性的な「ねこ」・・・出てくる人間は、本当に現存していそうな方々ばっかり。

黒井さんの絵が、本当に雰囲気ぴったりです。
私も一緒にトラベリングさせていただきました。

ねこ大好きおばさん達に紹介しようか、プレゼントしてしまおうか(^^ゞ迷っている所です。

たぶん、続きますよね?続編楽しみにしています。

(黒井) どうでしょうか?
    作者の茂市さんとは編集部をはさんでワクワクするような
    本の話しはしています。

投稿者 しいら☆ : 2009年07月23日 15:06

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ