« 清里通信 5月 | メイン | 6−7月黒井健在館日 »

2009年05月29日

6ー7月の展示予告

7gatu2.jpg

絵本雑誌の表紙はそれぞれ創刊以来長い歴史を持っています。バックナンバーを見ていますと、その頃の人気画家が素晴らしい画力で時代の世情を絵描いています。そうした意味ではイラストレーターにとって晴れの舞台と言えます。また、その冊子の<顔>ですから、売上に大きく影響してしまいます、責任の重い立場でもあります。
今まで、黒井の担当した表紙絵を一堂に見ていただく場はありませんでした。この機会に隅々まで細かく描かれた作品をゆっくり見ていただければと展示いたします。

投稿者 ken kuroi : 2009年05月29日 23:50

コメント

来月からまたまた素敵な企画があるのですね!

今日滋賀から伺ったんですが、
先生といろいろお話できて(ルビーの指環♪)
ドキドキでした。
猫のタビちゃんの写メ見せて頂き嬉しかったです。
ありがとうございました。
この表紙絵特集も是非拝見したいと思います。

(黒井) ルビーの指環♪・・なるほど、でした。
    またおいで下さい。

投稿者 chobi : 2009年05月31日 22:57

書き込み初めてです。
イラストレーターのMAKOと申します。

7月11日に山梨の絵本ハウスに生徒60名程といっしょに
おじゃまさせていただきます。
黒井さんの滞在日ではないようなので、残念ですが、
表紙絵の展示ということで、とても楽しみにしています。

黒井さんにはMOEの審査員として、お茶の水のギャラリーで私の作品を見ていただいたのが、10年くらい前になります。

(黒井) そうでしたか!10年を経てしっかりご自分の
    道を見つけられたのですね。よかったです!
    今回はお会いできませんが、いつお会いしたいものです。
あれから自分らしい作品が描けるようになって、プロとして仕事を続けています。

イラストのインストラクターの仕事もしています。
生徒をつれて清里にスケッチに行くツアーに、大好きな黒井さんの絵本ハウスもスケジュールに入れてもらいました。

大先輩の原画との再会に期待しています。

投稿者 MAKO : 2009年06月03日 11:53

表紙絵はなかなか見ることができませんので、
とても見ごたえのある展示でした。
一年分を並べてみると、
季節の移りかわりとともにお話ができそうですね。
発刊された当時、この表紙を見ながら、
いろんな親子の会話があったんだろうなあ。

(黒井) ほっ!
    お話しではないので、楽しんでもらえるだろうか?
    と、心細かったのです。

投稿者 inchan : 2009年07月24日 23:14

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ