« 10月-11月<風景の季>展示予定 | メイン | 絵本の宝箱 »

2008年09月30日

11月の黒井健在館日

11月の黒井健在館日

11/29  13:30〜15:00 
11/30  11:00〜12:00 13:00〜14:00

本日、2008年最後の展示を無事終えました。
黒井の在館日はいつか?とたびたびお問い合わせをいただきました。
今回はできるだけ早めにお知らせいたします。予定ですので、体調や仕事、天候の都合などにより変更されることもあります。お手数ですが、都度お知らせいたしますので直前にご確認下さい。

投稿者 ken kuroi : 2008年09月30日 21:43

コメント

今年も、これで終わりなんですね・・・。
『おやゆびひめ』を見に行こうと思っていたのですが、行けず残念でした。
でも、ころわんのおはなしを購入しました。
BOXもかわいらしくて、楽しんで見ています。
これで、清里に行けなかったこと我慢しょうかなぁ・・・って思っていますが、まだ、11月30日まで行ける日を考えています。
寒くなってきましたので、お体お大事になさって下さい。

(黒井) 今年の絵本ハウスは残すところ40日余、早いですね。
   清里はすっかり秋になっています。

投稿者 パセリ : 2008年10月05日 12:12

先日10月12日夕方閉館間際に 自閉症の大きな息子とお邪魔した山下と申します。当日おっちょこちょいな私はバッグごと財布もすべて家に忘れていた状態で「ごんぎつね」をほしがる息子をあきらめさせようと入場もせずに入口でばたばたしていました。すみません・・・。
その時お話したように10年前とても不思議なことに黒井さんの絵の「ごんぎつね」「てぶくろを買いに」が置いてあるレストランで、それまでどんな絵本にもほとんど関心のなかった息子がその物語を理解し何度も何度も見ていることに信じられない思いでした。もちろんうちでもその二冊は買い、その後ずっと数少ない彼が理解できる絵本でした。学校でもずっとみていたと言われました。その後は、時刻表等に興味を持ったりしていましたが変わらずその二冊は好きなようでした。

今年10月のはじめに久しぶりに行ったそのレストランで一目散にその二冊を手にした19歳の息子は 家にいつのまにか「ごんぎつね」が見当たらないと思いだしたようで、(他の絵のごんぎつねはありましたが)
私が そういえば 清里に黒井さんの絵本ハウスがあるよと教えると ずっと行ける日を楽しみにしていたのでした。
清里は この10年間 何ヶ月かに一度は訪れる 私の心のふるさとです。夏には 中学生の娘は フィールドバレエに何日か出させていただいていたり、絵本ハウスにも何回かお邪魔しています。

先日は せっかく絵本にサインをいただけるところだったのに 息子が 「絵本」へのサインを拒み、わざわざはがきにサインをしていただき
本当にありがとうございました。お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

家に帰り 私が気付いた時にはすでに絵本二冊と サインが 息子の本棚に 飾られていました。
あとから みんなに 「絵本にその方のサインがあると価値が上がるんだよ?!」と残念がられて
本人は 今度はサイン入りにしてもらうと言っています。
近いうちに 清里の秋を楽しみにうかがえるのを楽しみにしています。
寒くなってまいりました。どうぞお体に気をつけてください。
**************************************************


山下大介です
ごんぎつねでごんがうなぎを盗んだところと、いわしところも好きです。きつねの絵も好きです。今度、黒井健さんの本を買ってサインをもらいたいです。

(黒井)カードにサイン、よく覚えております。
   そうでしたか、うれしいです。
   また是非おいで下さい。

投稿者 山下 みどり 大介 : 2008年10月25日 21:14

旅先でふらりと入った古本屋さんで、
ずっと探していた萠さんの対談集「絵本、好きですか?」を見つけました。
黒井さんの「一日じゅう絵を描いていたい」という気持ちがズンッと心に響いてきました。
いろいろな回り道をしても、やっぱり一つのことを思って、
それに向かって努力すれば・・・叶うもんですね、夢って。
そしてその黒井さんの想いが、たくさんの人を幸せにしてくれるんだなあと、
改めて思っています。

大介さんの書き込みを見て、ウルウルしています。
ウン、やっぱり、絵本の力ってすごい!!

(黒井) ん・・・、どうも努力だけではすまない気がします。
    努力することは不可欠ですが、それに運が大きく
    影響しているのかもしれません。
    今その時間を懸命に生きることが大切なのだろうと
    思っています。

投稿者 inchan : 2008年11月05日 20:02

黒井健さま
はじめまして。
学生のころに出会った文房具の黒井さんの『PASTEL LIGHT』シリーズが大好きで,その後,大人になってから本屋さん等で黒井さんの絵本などを見つけては購入しておりました。
ここ数年,どうしてもどうしても黒井さんの『PASTEL LIGHT』シリーズの海辺の夜のイラストが見たくてあちらこちら探しておりましたがどうしても出会うことができずにいました。
今日,はたと思いついてネットでいろいろ検索してみたらやはり『PASTEL LIGHT』シリーズファンの方がいらっしゃることを知りました。そして,こちらのサイトにたどり着くことができて大変感激しております。
『PASTEL LIGHT』シリーズの原画が展示されていたこともあったのですね。どうしてその時に検索しなかったのか大変悔やまれる思いです。
どのような形でも良いのですが,『PASTEL LIGHT』シリーズに再会する手立てはないものでしょうか。
思春期のころの切ない気持ちがよみがえってくるようで,もしも再び拝見することがかなったら感涙してしまうような気がしています。
感激して長々と失礼しました。
寒くなってまいりました,おからだご自愛ください。

(黒井) 『PASTEL LIGHT』シリーズの原画展示は、また展示する  
    つもりでおります。時々HPをのぞいてみてください。
    うれしいメールをありがとうございました。

投稿者 EMIKO : 2008年11月09日 15:12

はじめまして、まだ見ぬ黒井健さんへ
私は、宮城県仙台市に住む2児の母兼看護師兼主婦です。
黒井さんの暖まる絵画とメッセージに日々癒されています。
現在40歳になりますが、初めて目にしたのは、20歳の時です。駅前の本屋で、歩道側に向けて並べてあった「詩とメルヘン」に目がとまり、中を見て癒されたのが始まりです。
20年間も癒していただきありがとうございます。
患者さんに暖かく寄り添える看護師を目指していられるのも、黒井さんの絵のおかげです。
20年前の出会いがなければ、看護を続けられたかどうか…
一度、絵本ハウスに行きたいと願っております。
チャンスがあれば伺います。
その時を楽しみに、今日をがんばります。

(黒井) わあ!20年ですか。私の絵を長く見てくださって
    ありがとうございます。がんばって新作を描きますね。
    絵本ハウスも、12月から3月いっぱいまで冬季休館に入ります。
    季節のいい時にでも、お立ち寄り下さい。

投稿者 森 みい子 : 2008年11月11日 05:01

黒井先生、スタッフの皆さま、お疲れ様でした。
今年も素敵な絵と素敵な時間をたくさんいただき、本当にありがとうございました。
私の好きなことに家族を巻き込んで清里に通うようになってから、
清里はほんとに家族にとって特別な、大好きな場所となりました。

この11月30日も、お天気にも恵まれ、家族3人、とても楽しく思い出深い1日を過ごすことができました。
いつも素敵な時間をいただき、本当にありがとうございます。
先生の絵をゆっくり見て、そして、先生とたくさんお話をさせていただいて…。
夢のようなひとときです。
しかも今回は初めての最終日訪問、そして凪さんにもお会いでき…幾重もの喜びでした。
また来年もうかがいますね。
ギャラリートークも楽しみにしています。

今回の展示を見て、娘が『マッチ売りの女の子』をとても欲しがり、『月からきたうさぎ』を読みたがりました。
『月からきたうさぎ』は前にいただいてましたので、家に帰って早速2冊を読んであげました。
とても熱心に聞いていました。
そして、娘の心の中に、こうして黒井先生の描かれた絵本が残っていってくれたらうれしいなぁ…と思いました。

これからますますお忙しい時期をお迎えになるとのこと、
どうぞくれぐれもお身体、ご自愛くださいね。
そして、また来年も素敵な絵と、素敵な黒井先生にお会いできるのを楽しみにしています(o^^o)

どうもありがとうございました。

投稿者 kaoruko : 2008年12月07日 02:25

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ