« 9月の黒井健在館日 | メイン | 11月の黒井健在館日 »

2008年09月23日

10月-11月<風景の季>展示予定

08huukei.jpg

今年も最後の展示のお知らせをする候になりました。昨年暮れの京都展、夏の北茨城展などいくつかの展覧会にたくさんの皆様に見ていただけて本当にありがとうございました。絵本ハウスでは、そうした展覧会で見ていただけなかった原画をできるだけ選んでまいります。あまり知られていない絵本たちですが、どれも同じように心を込めて描いたものです。どうか秋の清里にお訪ねください。

投稿者 ken kuroi : 2008年09月23日 23:09

コメント

アンデルセンの「マッチ売りの女の子」、描いていらっしゃったのですね。
知りませんでした…。
このごろ、娘が「マッチ売りの少女」の短編映画をDVDで観たのですが、
それは映像と音楽のみの映画だったので、悲しいお話とは感じなかったようで、
「おばあちゃんと一緒に行けてよかったね」と話していました。
もう少し大きくなったらちゃんと読んであげたいなぁ…と思いつつ、
でもあまりにもかわいそうなお話なので、せめて黒井先生の温かい絵で読んであげられたら…と思っていたのです。
先生にいつかリクエストしたいな…と5月くらいから機会を伺っていたのですよ(#^o^#)
でも、まさか既に出版されていたとは…。無知でスミマセン。
でも、嬉しいビックリです。思いが通じたようで嬉しいです。
10月はちょっと忙しいので、11月に、ぜひぜひ「マッチ売りの女の子」を見に伺いたいと思います。
娘も、「そろそろヤマネちゃんに会いに行きたいなぁ…」と言ってましたし…。
その頃は、清里はもうすっかり寒くなっているのでしょうね…。

今日から急に涼しくなりましたね。
どうぞ、お風邪など召しませんよう、お身体大切になさってくださいね。

(黒井) 昨日の清里は夜になると10℃ほど。
    寒いです。まだ木々の緑は保っていますが、
    コスモスやシュウメイギクなどが、満開です。


投稿者 kaoruko : 2008年09月28日 01:23

今年もすべての季を見ることができて、
ああ、一年が終わってしまったなぁ・・・
と、寂しいような、
でも満ち足りた気持ちでいます。

私が今、絵本の世界で遊ぶことができるのは、
両親が小さい頃からお話をしてくれたり、
本をたくさん読ませてくれたから・・・
その感謝の気持ちを込めて、
大切にしてきた絵本にサインをしていただき、
両親にプレゼントをしました。

そしてその母は、また「ふる里へ」を
知人にプレゼントすると、サインをいただいていました・・・

黒井さんの絵本は、気持ちを代弁してくれるので、
プレゼントには最適なのです。

(黒井) 一年間幾度も通ってきてくださいました。
   本当にありがとうございました。
   お母様をはじめ、ご家族の皆様にもありがとうと
   お伝え下さい。

投稿者 inchan : 2008年11月04日 21:11

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ