« 童話の季 1F展示替え | メイン | 清里通信・梅雨の晴れ間 »

2008年07月01日

ごんぎつねと黒井健の世界展

izura.jpg

●ごんぎつねと黒井健の世界
・茨城県天心記念五浦美術館 (北茨城市大津町椿2083)
・2008年7月19日(土)〜8月31日(日) 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
 休館日:月曜日 (但し7/21開館、7/22休館)
 入館料:一般¥600/高中生¥400/小中生¥200

○黒井健講演会 
 8月9日(土)13:30〜 場所:講堂
 ※先着114名(無料) 申し込み:0293-46-5311
○黒井健サイン会
 8月10日(日)11:00〜 /13:30〜 場所:展望ロビー
 ※当日9:30/12:30より会場にて絵本をお買い上げの方に整理券を
  お渡しします。お一人様1枚

1996年のことですが、所用でボストンを訪れた折、一人で数日滞在していました。そのうちの二日間を終日ボストン美術館で過ごしたのですが、所蔵する日本美術の素晴らしさに、えっ?と驚いてしまいました。寺院の鬼瓦、屏風、日本刀など堂々たる作品群は日本固有の確かな美を誇っていました。今日のように整えるのに深く関わったのが日本人の岡倉天心でした。歴史に学んだ天心の存在が急に大きく感じられた時でした。そして、その名を冠した美術館で私の作品を展示していただくことは大きな喜びです。総展示作品数150点、過去最大の展覧会になりました。

投稿者 ken kuroi : 2008年07月01日 00:12

コメント

 「今度茨城でも展示会をやって下さい!!」
去年黒井さんにお願いしたことが実現し、せっかく念願が叶ったというのに、あいにく両日共予定が入っていて行けそうにありません。
とても残念です。でも絶対見に行きますよ☆★
 あと、7月の連休にも清里にお伺いする予定です。
「もしかしたら黒井さんの在館日と重なればいいなぁ」と期待していましたが、いらっしゃらないようですね…。これまた残念です。
 またお会いできるのを心から楽しみにしています。

(黒井) はい、覚えていますよ。
    そうですか、お会いできないのですね。
    でも、見てくださるだけで・・・。
 

投稿者 かんこ : 2008年07月01日 22:56

先程、講演会の予約を受け付けて頂きました。
もう、既にいっぱいに成っているのではと、hara、hara、しながら・・・

予約が出来て、今度は、黒井さんのどんな素敵なお話を、聞かせて頂けるのかと、
今から、Doki、Doki、しております。勿論、主役の原画さん達も!

何度も観せて頂いている原画も、その度ごとに黒井さんの絵は素敵な魔法を
かけて下さいます。
心躍る日が、続きます。
とても、とっても、楽しみに致しております。 (*^^*)

(黒井) そうですか、講演に・・・。(汗)
    いつも同じような話で恐縮です。
    私の人生は一つですので、同じ話になってしまいます。

投稿者 mayumi : 2008年07月04日 15:10

五浦…とてもいいところですよね…。
そのあたりや、隣の高萩市を数回訪れたことがあります。
のどかで海がとってもきれいで…
とても穏やかで、のんびりと気持ちの休まる場所でした。
亡き父との思い出の場所であり、いつか母と一緒にまた訪れたいと思っていました。
黒井先生の展覧会がそちらであるとうかがってから、五浦や高萩の海の風景を時々思い出していました。
そして、このお知らせのごんぎつねところわんの絵を見て、急に「いい機会かも…」と思い立ち、
北茨城などの宿を検索したりしている今日この頃です。
実際に伺えるかどうかわかりませんが、講演会の日を狙っていたりなんかして…(^^ゞ
伺えたら幸せだなって思ってます。
ではでは…もうすぐですね。
北茨城の海や風景も楽しまれてくださいね(^_-)-☆

(黒井) 五浦半島は私もたいへん楽しみにしています。
    散策できたらいいなあ、と。

投稿者 kaoruko : 2008年07月06日 01:01

7/21海の日に、夫婦で五浦の展覧会に行ってきました。

茨城県天心記念五浦美術館は気合の入ったすばらしい環境の美術館で、展覧会は幸いなことに?人もそれほど多くなかったので黒井先生の原画の世界を堪能しました。原画を見ながら絵本の世界に浸っていける素敵なひと時となりました。また、私は理科系で製造業に勤務する性からか、ものをつくる過程にも非常に興味があり、取材の話、作画テクニックの展示も興味深く拝見しました。

ここで正直に申し上げると私自身は先生の絵のことをほとんど知りませんでした。いえ、全く知りませんでした。(すみません)でも、展示会場に向かいながら、ごんぎつねの絵やころわんのぬいぐるみを見て、展示会場で『おかあさんの目』の連続する原画を見た途端に、やさしく、物語り性豊かな絵にすっかり魅せられてしまいました。しかも、男にもアピールする?ような雲、ふるさと、街並み、家族、ミシシッピなどもあり、駄目押しされてしまった気分でした。

結局、自分自身と生まれたばかりの甥っ子のために絵本を買わずにはいられませんでした。「清里にも行こう」という話になっており、今からたいへん楽しみです。五浦は東京からも遠いのでどれだけ多くの方が見に行くのか少々心配ですが、ぎゅうぎゅうの都心の展覧会では得られない満足感があったと思います。今回の旅の最大の収穫となりました。

PS.以下ご参考まで。平潟港で食べた岩がき、とてもおいしかったです。福島に入り勿来の関跡も見てきました。このあたりほんとは温泉もあっていいんですけど今回はパスでした。

(黒井)見てくださってありがとうございました。
   私も五浦美術館にうかがうのを楽しみにしています。
   いい天気の日なら、遠く太平洋が一望できそうですね。

投稿者 takeshi : 2008年07月23日 01:36

やっと、足を運べる距離で黒井先生の作品を鑑賞できることになり、親子三人楽しみで待ち遠しい日々を送っています!講演会、サイン会と連日訪れる予定です!!講演会の申込み、うっかり遅れてしまったら、最後の1席に滑り込みました!!2席は補助席になってしまいましたが、お会いできる日が楽しみです!!

北茨城市の隣は福島県いわき市、フラガールの町です!先生も是非いらしてください!!

(黒井) ハワイアンズ!行ったことがありますよ。よかった!

投稿者 いわき市のカズとカン : 2008年07月27日 01:11

さっき天心記念美術館から帰ってきたばかりです。昨日の講演会は学校の用事で行けず(泣)でしたが、サイン会には行けました!丁寧に、購入した本に関する絵を添えながらサインをする先生を見て感激!!自分の番になったらウルウルしてしまい、『ありがとうございました』と言うのが精一杯(+o+)
展示物も泣きそうになりながら堪能。雲へ、と古里へを購入しましたが、子育ての毎日に遠ざかっていたパステル&色鉛筆を引っ張り出したくなりそうです(^^)

A. 暑い中おいで下さってありがとうございました。

投稿者 トモミ : 2008年08月10日 14:15

黒井先生、はじめまして。
今日、福島県いわき市から、展覧会拝見してきました。(期間中、今日が2度目です)
講演会・サイン会とも満席になってしまい、直接お話を聴くことはできませんでしたが(泣)
遠くからお姿だけは拝見させていただきました。

でも、原画の枚数も本当にたくさん出品していただき、黒井先生の歩みをこれだけの
規模で見ることができて大感激です。ありがとうございます。

子供の時、小学校の教科書で見た「ごんぎつね」がとても印象に残っていました。
その後、「PASTEL LIGHT」グッズを愛用。 描かれているのが同じ方だと知ったのは、
かなり後になってからです。 当時から、自然と黒井先生の作品に魅かれていたのでしょうね・・。

絵本ハウスをオープンされていたことは、今回の展覧会で初めて知りました。
ぜひ、今度は絵本ハウスの方へ足を運びたいと思います。
(黒井先生がいらっしゃる日に巡り会ったら嬉しいですね。
 その時は、今日叶わなかったサインをぜひ・・。
 手元にある「SINCE それから」を持っていきますので・・。)

A. どちらも定員があってすみません。
 清里では、大丈夫です。

投稿者 aya : 2008年08月10日 16:04

連日の講演会、サイン会と大興奮でした!張り切りすぎて、カンは、講演会は最前列で先生の目の前で、サイン会当日も実は、整理券、午前中の「1番」をとっていたんですよ!!
両日賑わい、モニター席のキャンセル待ちも出、サイン会の整理券もすぐになくなってしまい残念がっているお客様もたくさんいました。。講演会では、先生の作品が完成するまでの過程や思いを知り作品ひとつひとつの重さ、すばらしさを知ることができました。隣に陣取っていた、私の母くらいの年齢のおばさま達は、講演が始まる前、絵本を広げてはころわんみたいな犬がほしい、ころわんのぬいぐるみ買ってこようかしら?・・・買っちゃうわ!、「雲へ」のポストカードがほしかったけどなかったわ〜!と機関銃のようにおしゃべりしていました(^-^)先生の作品を熱く語り、子供のようにはしゃいでいたのが印象的で、「会場には子供が多く訪れるんだろうな〜」と思っていた私の予想は大きくはずれ、大人が多くて驚きました★★大人が夢中になって絵本をめくっている姿、微笑ましくて忘れられません♡ 先生の作品は、まさしく【大人の読める絵本】です!!会場がそれを物語っていました!先生とも少しだけお話できて感激してしまいました。息子達の最高の思い出となったようで、帰りに先生が描いてくれたイラストを何度も上から指でなぞっていました!絵本ハウスにも是非訪れてみたいと思っています!!先生、どうも有り難うございました!!

p.s
ハワイアンズ、先生もご存知なのですね!!光栄です!!
地元の人間なのでとても嬉しいです(^-^*)

A. 皆さんで来ていただいてありがとう。
  2月、湯本に行きました。ハワイでしたよ。


投稿者 いわき市のカズとカン : 2008年08月10日 17:31

黒井健先生
はじめまして。
我が地元、天心記念美術館(五浦)、今日、サイクリングがてら、伺いました。
今日はサイン会があったんですね?存じませんでしたが凄い人で、普段は駐車場で車が並ぶなんて、あんまりないことなのですが〜。
教育関係の仕事をしていることもあり、とっても身近に感じられました。やさしく、涼やかなイラストでした。
作品の背景を知ると、ますます黒井先生の紡ぐ子ども(作品)たちに触れたくなりました。
清里にもアトリエがあるとのことですね。
月末、清里にやはり画家さんのイベントに誘われていたのですが、気乗りしませんでいました。今日、黒井先生の作品を拝見し、この夏、そちらにも伺おうとおもいます。
僕は、額縁からネズミくんたちが飛び出す、あの作品が無性にリフレインしています。
これからも、こちら拝見させて頂きますね。
昨日、今日と、茨城(福島?)の旅、ご苦労様でした。
また、こちらにもいらしてください。

A. サイクリングで?暑い中ありがとうございました。

投稿者 のだくん : 2008年08月10日 18:28

昨日、行ってきました。
先生のお話も伺えて、楽しいひとときを過ごせました。
静かな、とても素敵な美術館ですね。
前に行った銀座は、混んでいたのですが、今度は一つ一つ、ゆっくり原画を拝見できました。
久しぶりに「ごん」にも会えたし...
有難うございました。

A. 私にとっても、聞きしに勝るすばらしい美術館でした。  
  ゆっくり見ていただけるのがいいですね。

投稿者 RIEKO : 2008年08月10日 22:33

最終日に行ってきました。なんとか間に合って良かった!日曜日とあってご家族連れや学生さんが多かったです。
先生が84年頃失意の中にいた気持ちを知り涙が溢れてしまいました。また、とても小さくなるまで使い込まれた色鉛筆たちを見て先生の物を大切にする姿勢を感じました。「おかあさんの目」は初めて読みました。とても素敵なお話ですね。また、「あのねサンタの国ではね・・・」も初めて見ました。とてもユーモラスに描かれていてそれぞれのサンタが愛しく感じました。
何かとストレスを抱える日々でしたが涙が浄化してくれたのでしょうか?心癒された一日でした。ありがとうございました。

(黒井)遠方までお出かけ下さってありがとうございました。
   皆様のお陰で、本日天心記念五浦美術館での展示会は無事終了いたしました。
   会期中、予想よりもはるかに多くの皆様にご来館いただくことができて、
   うれしく思っています。ありがとうございました。

投稿者 クランベリー : 2008年08月31日 22:19

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ