« 清里通信 早春 | メイン | 5月の黒井健在館日 »

2008年04月21日

<特別の季>4月27日〜

426~62.jpg

4月27日から、1F展示の「ヤンときいろいブルンル」に代わって「イラストと立体フェルトのコラボレーションを展示いたします。東京神田で一週間のみ開催されたものを、連休をひかえた清里で見ていただければ、と思っています。2Fの宮沢賢治童話展はそのまま継続されます。

投稿者 ken kuroi : 2008年04月21日 23:30

コメント

念願の「絵本ハウス」を訪ねる事が出来ました。
その節は、お世話になりました =^・^=

例年より2週間も早く桜の咲き始めた旭川を後にして、少し疲れを感じた頃、
小淵沢から清里への車窓に「桃源郷」のような風景が広がり、疲れが吹き飛びました。
清里に着いて、見慣れた「絵本ハウス」の建物を見つけて・・・感激!!
無事辿り着いた嬉しさ、原画に逢えた感動に全身満たされていて・・・
黒井さんとお逢い出来た時・・・言葉が見つかりませんでした。
無理やり言葉を探し、しかも発した言葉の記憶が無いので・・・
失言があったらゴメンナサイ!!

伺った26日、雨の清里は旭川よりも肌寒く
「水仙月の四日」のイメージを膨らませるのにピッタリでした。

「ヤンときいろいブルンル」は、思っていた以上に切なくて、
1度しか見る事が出来ませんでした。


私の人生を変えるほどの出逢いをした「猫の事務所」
原画の前で・・・感無量でした。
・・・原画の中で、猫たちが怒ったり、悲しんだり・・・
動きや感情を持って、心に沁みこんできました。
忘れないように心に刻んでおきたくて、何度も見ていたら、
猫の顔が「人っぽく」見えてきました。
猫たちの木彫にも、見入ってしまいました。
三毛くんがいないのが、ちょっと淋しかったです・・・

凪さんの作品も、皆、素敵でした。
ケースの中の、ねずみくん達を見て、
「つきの よるの ものがたり」のねずみくん達のように、
「黒井さんの絵に戻れなかったねずみくん達がいる!!」と思いました。
夜になったら動き出しそう・・・
夜が来るのを待っているみたいで、可愛かったです!!

最後になりましたが、白倉副館長はじめ、
スタッフの方々にも、大変お世話になりました。
お陰さまで、春の清里と「絵本ハウス」を満喫させていただきました。

また、お会いできる日を楽しみにしています =^・^=

(黒井) 旭川だったのですね!札幌だと思っていました。
    遠くから来てくださってありがとうございました。
    今日の清里は、よく晴れて暖かくいい日和でした。
    きっと旭川もいい季節を迎えていることと思います。
    それから、そうですね、三毛猫がいませんね。
    いつか彼も木彫の中に加えないと・・・・。
    やってみよ!

投稿者 atsuko : 2008年05月02日 12:48

先日はありがとうございました。
黒井さんにお会いできて本当にうれしかったです!
清里の絵本ハウスにずっと行きたくて、でもなかなかチャンスに恵まれなくて…。去年のクリスマス前に京都駅の原画展に娘と行った時、すごく感動しましたが、やっぱり念願の絵本ハウスを訪れる事ができて、しかも黒井さんにお会いできてサインまでしてもらえた事の方がかなりうれしかったです!
娘の瑠奈も「すごくやさしそうで、大きな手だったよ〜!」って感動していました。サインしていただいた「ころわん ちょろわん」の絵本は娘の宝物になりました。
まさかGWに清里へ行く事ができると思っていなかったし(滋賀県在住なので…)黒井さんにお会いできると思いもしなかったので、本当にうれしかったです!うれしすぎて何もお話できなくて、娘も私もかなり後悔しています…。
でも、素敵な原画を見ることができて、凪さんのかわいいねずみくんやころわん達を間近で見られて幸せでした。家に帰ってからゆっくりと清里の観光案内所でもらった情報誌を見ていたら表紙が黒井健さんで二度びっくり(失礼…)しました。また機会があれば、ぜひ伺いたいと思います。
どうかお体に気をつけて、これからも素敵な作品を描き続けて下さいね。娘と楽しみにしています。

(黒井) 遠くから来てくださってありがとう。
   連休はいつもよりたくさんの方が来てくださるので
   ゆっくりお話もできづすみません。
   瑠奈さんも、またゆっくりお話ししましょうね。

投稿者 runa : 2008年05月05日 21:49

黒井さんの絵本との出会いは、「12月24日」です。
黒井さんの画風には何か人々を引き付ける魅力でいっぱいですね。
その後、絵本ハウスの事を知り、いつかは行ってみたいと思っていましたが・・・
まさか息子が山梨県に就職(2004年〜)するとは!!
遅くなりましたが、昨年の9月にやっと!
初めて絵本ハウスを訪ねることが出来ました。
あいにく黒井さんは不在でしたが・・
本当に感激しました。清里の景色も最高でしたし!
その息子から先週、小包が届いたんです。母の日にと!
黒井さんの絵本が2冊入ってたんです♪
「私のイーハトヴ」と、「カンジキウサギは白夜におどる」でした。
まだ持ってなかったので嬉しかったです!
息子がどんな顔して選んだのかな??と思いました。
1月の誕生日には娘からも、2冊プレゼントされました。
私は幸せ者ですね!ず〜っと大切にします。
またいつか訪れたいと思います。
今度は黒井さんにお会いできる日に♪
札幌から

(黒井) お母さんの好きな絵本を忘れずにいてくれるなんて、
   すてきなお子さんたちですね。いいな!
   それにしても、北海道も取材に行きたいと思うほど
   いいなと、思っているのですが、清里もよかったのですね。
   よかった!
   

投稿者 あすか : 2008年05月12日 11:05

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ