« 清里通信 秋 | メイン | 絵本原画展/JR京都伊勢丹 »

2007年09月28日

10月の黒井健在館日

10/6  13:00〜14:30  
10/7  11:00〜12:00 13:00〜14:00

10/27  13:00〜15:00 ●ギャラリートークとサイン会
10/28  11:00〜12:00 13:00〜14:00

今年度最終展示「旅の季」には、旅の画集<ミシシッピ>を4年ぶりに展示いたしました。もう20年も昔の旅ですが、ドキドキハラハラの大冒険でしたのでいまだに記憶に鮮明です。10/27にはそんなお話をギャラリーで原画を前にしてお話ししたいと思います。

投稿者 ken kuroi : 2007年09月28日 22:23

コメント

10月の土日は、最終だけ予定が空いていました。
何とかその日にギャラリートークを、と念じていてよかったぁ。
「ミシシッピ」は大好きな画集です。
旅は大好きですが、こんな冒険はできません。
自分でできないことを追体験できるのが本のいいところですね。
その上黒井さんのお話が聞けるなんて・・・
とても楽しみです。

(黒井) 私もこんな冒険はもう無理です。
    せめてお話で楽しんで下さい。

投稿者 inchan : 2007年09月29日 01:13

車を買い換えたので、南吉のふるさと半田から長野の穂高神社までご祈祷を受けにドライブ、その足で来年のカレンダーを買い求めるため絵本ハウスに立ち寄りました。いつものカレンダーのほか、机上タイプのもあり、こちらも購入。うれしいような、はずかしいような、「ごんぎつねの写真付き切手」が昨年同様受付の一番目立つところに今も置いてありました。黒井先生のこの絵本に対する想いを改めて感じました。
ところで清里には柳生さんがやってみえる八ヶ岳倶楽部がありますが、昨年テレビ番組で海を渡る蝶のアサギマダラを紹介していました。夏場信州で過ごしたこの蝶は、今知多の里山で途中下車の最盛期。童話の森でも見られます。独特な飛び方とあさぎ色の蝶、先生が色鉛筆で描くと、どんな絵になるのかと、これから沖縄まで旅する蝶を見守っています。

(黒井) お立ち寄りくださってありがとうございました。
    「こんぎつね切手」は、在庫をすべて仕入れましたので、
    間もなく完売いたします。
    海を渡る蝶のアサギマダラ、見てみたかった!
    記憶しておきます。
    

投稿者 ごん : 2007年10月19日 05:13

黒井さんのカセット・レーベルを作者名も知らずこのタッチが好きと、買っていた頃がありました。
それから、間もなくだったでしょうか・・・「詩とメルヘン」に出逢い。黒井健さんと言う方が描かれているのだと知り、確か、始めて買った黒井さんの本は紛れもなく「ミシシッピ」でした。
そのトークショーにまたもや、行けないとは非情に残念です。
しかし、しかし、主人は病み上がりで自宅療養中。
清里へ行けるのは、来春に成りそうです。。
これから、冬を越え、春を待っての 絵本ハウスゆき
それでも、楽しみが増えて、嬉しいです。
少し早いですが、来期、お目に掛かれることを楽しみにしております。

投稿者 mayumi : 2007年10月27日 00:22

「何故今頃台風が突然発生するの?」
「ごめん、私が台風女かも」
そんな姉妹の会話が聞こえたのか、
段々ひどくなる雨の中、高速を走らせていた主人がポツンと言いました。
「清里ではまた健さんマジックが起きるかも」
・・・残念ながら、雨足はどんどん強くなってしまいましたが、
絵本ハウスの中ではやっぱり気持ちのいい風が吹いていました。

ミシシッピでの冒険談は本当に楽しくて、
まるで目の前にその光景が広がっていくようでした。
それにしても、よくもそんな無謀な・・・とも改めて思いました。
人生の中の出会い、巡りあわせ、選択、直感・・・
いろいろなことを考えさせられました。

今年の絵本ハウス訪問は、多分これで最後になると思います。
黒井先生、白倉様ほかスタッフの皆様、いろいろとありがとうございました。
また、清里通信を楽しみにしています。

でもでも、京都や神保町の原画展には何とか都合をつけられないかと思案中。
なるべく早く詳しいご案内をお願いします。

(黒井) 幾度も尋ねてくださってありがとうございました。

投稿者 inchan : 2007年10月29日 23:25

ごんさんの投稿と、黒井さんの「間もなく完売」のコメントのおかげで、ごんぎつね切手を手に入れることが出来ました。
ありがとうございました=^・^=

黒井さんの“ごんぎつね”と、南吉と、そのふるさとが融合した、ごんぎつねの世界の広がりを感じました。
河川敷の彼岸花の写真と、黒井さんの彼岸花・・・どちらも見事で、ため息・・・その時期に一度、訪れたいなぁ =^・^=
 黒井さんの絵と一緒に入れられた文章にも感激!!
この数ヶ月、絵本を手許に置いて読む練習を重ねた私にとって、すごく嬉しい『絵本ダイジェスト版』でした。
遅ればせながら“ごん”の大ファンになった私にとって、大切な一冊?になりました。

黒井さん、ごんさん、そして今回もお世話になった白倉さん・・・
ありがとうございました =^・^=

投稿者 atsuko : 2007年11月01日 15:24

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ