« 松江市 講演会 | メイン | 清里通信 秋 »

2007年09月20日

10月-11月展示予定

tabinoki1.jpg

1986年にミシシッピー川900マイルを30日間におよぶカヌーの旅をしました。一世一代に大冒険でした。私の風景画はこの旅を通じて大きく変わっていきました。その2年後に画集が発刊されました。風景画の原点でもあります。
1階は初めて絵本ハウスをモデルに制作した最新刊絵本です。
本年度も最終季になりました。また秋の清里でお会いいたします。

投稿者 ken kuroi : 2007年09月20日 23:23

コメント

Oh!「ミシシッピー」
沢山有る黒井さんの本の中から、何を、最初に入手しようと思っても、わたしが、まだ高校生の頃は、町の小さな本屋さんでは置いていなくて、高校を卒業して就職してから、旅行で東京に来たとき、たまたま、「クレヨンハウス」をみつけ、ミシシッピーを手にすることに、したのですが、本を傷めるのが怖いので、郵送して貰ったのですが、届いて、ガガ〜ン!!!!!!!!帯がついていない。
きっと、何度も、版を重ねていて、もう、帯のついた物はないのだと・・・
諦めてしまったのです・・・
しかし!あとから、原画展などに行くと、帯のついたミシシッピーが・・・
もう一冊てにいれるには、決して、お安いものでは・・・
づ〜と、想い悩んでいました。
そのことを、クレヨンハウスでの講演会のアンケートに書いて、FAX、したところ、
なんと、クレヨンハウスの吉村 様が、胸中、を察して下さり、帯を取り寄せ、私宛に送って下さったのです。!!!!!!!!!!!!!!
とても、うれしゅうございました。
旅の季、展示を記念して、今宵は、ナイト・キャブ代わりに、「ミシシッピー」の世界に酔いしれて、眠りにつこうと、想います。

(黒井) クレヨンハウスの吉村さんは、私もよく存じて
     いる方です。そうで、心やさしい方です!

投稿者 小野 真由美。 : 2007年09月21日 23:36

秋の清里、とてもいきたいです。
「月の夜…」も是非見たい。
車をとばして…といいたいのですが、小心者の私と小さな(ほんとにちいさい…)車にはちょっとした冒険です。
でもこの季が終わるまでにはぜったいいきますね。

投稿者 ひとみ : 2007年09月22日 22:47

もう、最終季なんですね。
ミシシッピーもつきのよるの原画も拝見したいなぁ。
今月の初めに訪れた時も清里は秋でした。
冬の訪れも早いのでしょうね。

そうそう、ころわんの新作を先週手に入れました。
10月じゃないと思ってたのですが、早く目にする事が
出来て嬉しかったです。
ころわん達がみんなで「よーい!!」って
並んでる所が可愛くて…。
ジオラマにしたら(大変そうですが)さぞかし可愛いのが出来るだろうなと思ってしまいました。
他の新刊も楽しみにしてます。

(黒井) 保育月刊誌での新作ころわんを見て
    くださったのですね。来年には
    市販化されると思います。

投稿者 RIEKO : 2007年09月26日 13:43

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ