« 9月黒井健在館日 | メイン | 新刊「ふる里へ」 »

2006年09月09日

クレヨンハウス講演

クレヨンハウス子どもの本の学校第16期
演題:子どもたちのそばの絵本 黒井健
●大阪 
日時:10月14日(土)16:00〜
場所:劇団ひまわりビル
問合せ:クレヨンハウス大阪店 T)06-6350-8071 要チケット
●東京 
日時:10月21日(土)16:00〜
場所:原宿クレヨンハウス東京店B1
問合せ:クレヨンハウス東京店 T)03-3406-6492 要チケット

演題「子どもたちのそばの絵本」として、キンダーブックを初めとする保育月刊誌を題材に、子どもたちの絵本が時代によってどう表現されてきたかをお話します。そして黒井の近作絵本について裏話などをお話します。大阪では、「海のおっちゃんになったぼく」の作者なみかわみさきさんが来てくれるかも知れません。

投稿者 ken kuroi : 2006年09月09日 23:38

コメント

今日は、13日の金曜日ですね。だけども、12時をまわれば、クレヨンハウス東京店の、講演会まで、あと、一週間になりますね。絵本ハウスでの講演会に参加できなかったので 是非、何故、今の画風になられたのか、とても興味深いので演題からは逸れるとは、思いますが、少しでもいいので触れて頂けると嬉しいです。
では、10月21日(土)を、心より楽しみにしております。 d(--)。

投稿者 mayumi : 2006年10月13日 21:17

原宿店の方に参加して来ました。
わたしは、頭が悪いので黒井さんが優しく解りやすいようにお話しして下さったのにきちんと理解していなかったら失礼になるなあ、と思いつつ・・・日本の絵本の生い立ちが解って 有意義な時間を黒井さんと、当日いらしていた皆様、クレヨンハウスのスタッフさまのお陰で過ごすことが出来ました。
大阪でのみなみかわみさきさんの「海のおっちゃんになったぼく」の朗読もきかせていただき神奈川県にきてまだ、1年と3ケ月しかたっていないのに、関西弁が懐かしいなあ。。。と、ストーリー共々楽しませて頂きました。
録音がなくて、関西弁、ほか しゃべれるひといいへんかったらわたしが朗読を立候補しょうかなあ。。。と一瞬おもた自分がはずかしかったです。
素敵な one night show ありがとうございました。

因みに mayumi=真由美=小野 真由美。です。

投稿者 mayumi : 2006年10月23日 20:56

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ