« ギャラリートークついて | メイン | ギャラリートークの日 »

2006年07月11日

赤い鳥さし絵賞

akaitori.jpg
7月3日(月)「第20回赤い鳥さし絵賞」を受賞いたしました。対象作品は2004年12月に刊行された「またたびトラベル」茂市久美子作でした。サンリオ美術賞以来の久々の、それも児童書関連の初めての受賞でした。審査員は松谷みよ子さん、あまんきみこさんをはじめとする優れた児童文学者の方々でした。常々、先にテキストがあってそれにさし絵を添えることは、難しいと思っていました。文章から充分に感じられるものを、画家が勝手なイメージで台無しにしてしまはないだろうか、と恐れながら絵を描いていましたので、こうして作家の皆さんから推薦いただいたことは「いいよ」といわれたようで大変にうれしいことでした。
私の絵はテキスト作品に大きく影響されています。「またたびトラベル」のさし絵がいいものであったとしたら、茂市久美子さんの作品が優れて感動を与えてくれたものと思っています。
(写真はいただいた受賞記念トロフィーです)

投稿者 ken kuroi : 2006年07月11日 07:27

コメント

黒井さ〜ん。「第20回赤い鳥さし絵賞」受賞おめでとうございます。黒井さんがお喜びになっていらっしゃると、自分のことのように嬉しくなってしまいます。心からのお祝いの言葉をもう一度、おめでとうございます。

投稿者 真由美 : 2006年07月11日 20:23

おめでとうございます。
先生の描かれるものは、いつも何かを感じさせられ、何回も見ています。みんな大好きです・・・。
絵本ハウスのグッズも販売されるようで、楽しみも増えました。なかなか出かけることが難しいですが、今年こそ・・・と思っています。
今の展示、見てみたいんですが、無理かなぁ・・・。
これからの清里は、気持ちがいいんでしょうね。

投稿者 パセリ : 2006年07月11日 22:24

受賞おめでとうございます。
「またたびトラベル」持っていますが、お話の面白さはもちろんのこと、
黒井さんの挿絵以外は考えられないぐらい、ぴったりの挿絵だと私も思います。

今月末、絵本ハウスにお邪魔出来そうなので、今から楽しみです。
(ギャラリートークの日ではないのが、残念ですが)

投稿者 kenken : 2006年07月12日 11:39

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ