« 愛媛県松山市 | メイン | 7月の黒井健在館日 »

2006年06月21日

山田太一氏とのトークショー

taidann.jpg
6月14日の夕方から、長い間憧れていた脚本家山田太一さんと対談をいたしました。と言うより私が聞き手になったつもりでした。当日、朝から落ち着かず仕事も手につかない状態のまま、会場のジュンク堂池袋店に向かいました。あんまり落ち着かないので、すぐに書店に入れずに隣の珈琲ショップで休んでから行きましたら、すでに山田さんはいらして私はなおさらあわててしまいました。
会場の喫茶店はいっぱいの人でした。絵本「リリアン」の誕生の話から、山田さんのすばらしい作品群の生まれる心をうかがおうとお話させてもらいました。私の半端な質問にやさしく答えて下さいました。まぶしい1時間でした。
山田太一さん、大切な時間をおつき合い下さって本当にありがとうございました。ご参加下さったみなさん、稚拙な聞き手でごめんなさい、そしてありがとうございました。

投稿者 ken kuroi : 2006年06月21日 22:59

コメント

参加してきましたあ〜 とても有意義な時間を過ごせて、黒井さん 始め 山田太一さん そして、あの夜、参加された皆様に 感謝。 の一言を・・・黒井さんの尊敬される画家、というのは、わたしには、とても、新鮮でした。だって、わたしのなかの画家は黒井さんがベストだから、トーベヤンソンさんともうひとかた 無知なわたしは あいにく 存じ上げず。お名前を覚えることが出来ませんでした。黒井さん 今一度、お教え 願えませんでしょうか?お願いいたします。著作権の問題とかが 発生しなければ どのような 絵を描かれるのか 御紹介頂ければ 幸いです。お願いいたします。

投稿者 小野 真由美。 : 2006年07月07日 13:23

真由美さん、山田太一氏との対談にきて下さってありがとう。ご質問の返事が遅くなりました。
私の好きな絵本作家のことですが、ムーミンのトーベヤンソンとC・V・オールズバーグです。
オールズバーグ氏はアメリカの絵本作家で日本では「西風号の遭難」とか「急行北極号」などが出版されています。「急行北極号」は「ポーラエクスプレス」として映画化されましたね。その原作者です。私は1996年に会いたくて、アメリカまで行って2時間だけ時間をもらって会ってきたほどです。尊敬しています。

投稿者 ken kuroi : 2006年07月20日 23:36

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ