« 山田太一氏とのトークショー | メイン | マグネット発売 »

2006年06月21日

7月の黒井健在館日

7月は少し多めに清里に居られそうです。それと一度ギャラリートークをしてみようかと思っています。
「リリアン」と「海のおっちゃんになったぼく」の制作由来についておはなしします。
7月 1日(土) 13:00〜15:00
  2日(日) 11:00〜14:00
  15日(土) 13:00〜15:00
  16日(日) 11:00〜14:00 ●13:00よりギャラリートーク
  17日(祝) 11:00〜13:00
  31日(月) 13:00〜15:00

投稿者 ken kuroi : 2006年06月21日 23:28

コメント

7月16日 行きたい!いきたい!行きたい!でも、わたしの嫁ぎ先のこの辺は7月が、 お盆なのです。しかも、主人の母の17回忌。むりだろうなあ。それでなくても、遠くて、無理そうなので・・・しかも、わたしは、兄嫁ーーー。

投稿者 o.mayumi : 2006年06月22日 20:45

『リリアン』『海のおっちゃんになったぼく』どちらも無事購入。楽しみました。
『りりあん』は不思議な絵本でした。
六十年前のむかしの、映画館や劇場がずらりと並ぶ
とてもにぎやかな街と、その脇に入った小さな通りの
ものさびしい雰囲気がとてもとてもよく伝わってきました。
『海のおっちゃんになったぼく』は
水の描き方にとても興味津々。
月のぽっかり浮かんだ海が、太平洋なんだなと納得。
新潟の海の上には北極星が見えます。
夏になると、今でもうまくいけば天の川がうっすらと見えます。

投稿者 nokogirisou : 2006年07月02日 07:01

絵本ハウスのホームページ上「絵本」の項目で、これまでの作品が紹介されていますよね。絶版となった本も幾つかあって、入手は諦めていましたが、どうしても欲しい本もいくつかあり、インターネット上で検索したところ「LONGNIGHT」「ぶたのモモコはバレリーナ」「ぶたのモモコとフルーツパーラー」を手に入れる事がました。v(‘u‘)v「LONG NIGHT」はこれまで、表紙を拝見するだけで、内容を見る機会も無かったのでホントに楽しみでした〜。とても、素敵な絵ばかりで自分の物となってココにあるのが大変な感激です。出来れば、「HOTEL」も手元に是非欲しい作品です。「キツネとのやくそく」も注文してみましたが、この2作品は品切れということでした。絶版との表示ではないので、まだ望みを託しています。これまでに絶版となってしまった作品も、再版となればもっと良いな〜と思っているのですが・・・。良い作品、沢山あるのに絶版とは悲しいですね。では、次にまた、清里の絵本ハウスに伺える日を楽しみにしています。

投稿者 陽子 : 2006年07月11日 12:07

陽子さんへ
コメントをありがとうございました。
絶版又は品切れの絵本についての問合せをいくつかいただいておりましたので、お答えできるだけいたします。一度絶版になった絵本の再版はかなり難しく、実現できにくいものです。したがって、元々の出版社以外で出版して下さるところを探すことになります。
「HOTEL」と「LONG NIGHT」は再出版して下さるところが見つかりました。「HOTEL」は版型も少し大きくして、絵に一部手を加え、添えられた文章も全面的に書き換えました。ご意見はいくつかあると思いますが、かなりの改訂にいたしました。「LONG NIGHT」は版型を少し小さくします。現在慎重に進行中ですので、秋頃には出版できる予定でいます。
こうした働きかけを続けて行きたいと思っていますので、気長に待っていて下さい。

投稿者 ken kuroi : 2006年07月11日 12:21

コメントしてください




保存しますか?

Security Code:
securitycode
上のボックスに表示されている数字を入力してください。


ページトップ