2016年09月19日

新刊絵本「あきいろのころわん」

akiiro.jpg
「あきいろのころわん」間所ひさこ/作 ひさかたチャイルド刊 ¥1,200+税 9月発売

昨年月刊絵本で刊行された「あきいろのころわん」が市販絵本として発売されました。
ころわんシリーズ最新刊です。
「あきいろのころわん」は主題が秋の風景でしたので、情景の奥行きを描くためにオイルパステルを多用し、使用紙を変えました。このシリーズの中で風景をしっかり描いたのは初めてでしたので、仕上がりの雰囲気がかなり変わったように思っています。

●読者の方からうれしいお便りをいただきました。
 お父さんが幼稚園の頃に読んでいた『ころわんはおにいちゃん』が
 家に大切にとってあり、2人の娘も大好きなお話しでしたので、
 娘が園で『あきいろのころわん』をもらってきたときは大喜び!
 30数年前と同じシリーズを娘たちと共有できて、親も大喜びでした。
 (S・Hさん 名古屋市)

投稿者 ken kuroi : 11:36 | コメント (0)

2016年09月01日

2017年カレンダー2種発売

16cal.jpg

例年の大判カレンダー、お休みしていた卓上カレンダーが出版社を変えて新装で発売されました。
大判 ¥1,480+税 卓上 ¥1,100+税

投稿者 ken kuroi : 10:30 | コメント (2)

新刊絵本「おつきみ」

カバーB.jpg
「おつきみ」作・あまんきみこ ¥1,300+税 8月28日発売 ひさかたチャイルド

ひゃあ
はこでんしゃは ごとごと うごきだし、へやを 1かい まわって、まどから とびだしました。

今年の春に出版された「なかないで なかないで」のえっちゃんとミュウが再び登場。お月見なのに空に広がった黒雲さんに向かって部屋を飛び出しました。黒雲さんや風っ子さんに会いに空を飛び回ります。久しぶりにスケールの大きい絵本が出来上がりました。読んでもらう子どもたちはハラハラドキドキしてくれると期待しています。

投稿者 ken kuroi : 10:17 | コメント (0)

2016年05月21日

新刊童話「アンティークシオンの小さなきせき」

sionS.jpg
「アンティークシオンの小さなきせき」作・茂市久美子 ¥1,400+税 5月24日発売 学研 

森の中のお店、アンティーク・シオン。
アンティークとは、誰かが使った古い品物のこと。
店のご主人シオンさんが世界各地で出会った品物です。
ここで起こる、不思議でこころあたたまる6つのお話し。
物にはみな、持ち主との忘れられない物語があるのです。

茂市さんとの童話は、「またたびトラベル」など4作目になります。
いつも思いもよらない物語が不思議な時空に連れて行ってくれます。
このおはなしは、清里の林の中にある実在の西洋骨董のお店が舞台です。
茂市さんにこのお店の話をしたことから、童話が誕生しました。

投稿者 ken kuroi : 22:40 | コメント (1)

2016年05月18日

新刊童話「ありがとうの道」

arigatoS.jpg
「ありがとうの道」 作・小原麻由美 ¥1,100(+税)  5月19日発売 PHP研究所。

丘のてっぺんに長い間立っている大きな桜の木
山の動物たちは桜の木が大好きでした
ヤマネの兄弟は、その木にキツツキがあけた穴にすんでいました
ある晩、寝ていた兄弟は不思議な声を聞きました
(今夜は穴から出てはだめよ)
その夜、ごうごうと大嵐が来て、とうとう桜の木は流されはじめました
桜の木は流されながらイカダになって、動物たちを助けていきます
嵐が去り、水が引くと役目を終えた桜の木がぐったりと横たわっていました
悲しんでいた動物たちは、残った小枝を次々と土に植えはじめました
桜の木を囲んで疲れて眠っている動物たちに、不思議なことがおきました

自然の大切さをテーマに書き続ける小原さんとは「じいちゃんの森」をはじめに2作目です。
小学校低学年から

投稿者 ken kuroi : 19:59 | コメント (0)

2016年02月23日

新刊「なかないで なかないで」

naka.jpg
あまんきみこ/作 ひさかたチャイルド 2月末発売 \1,300+税

ーともだちかな。ともだちがしんぱいしているのかな。
えっちゃんは、あおいはるのそらを だまってみあげました。
まばたきを ぱしぱし。
それから、てのちょうちょを、そっとはなしました。

投稿者 ken kuroi : 16:49 | コメント (1)

2016年02月21日

「木を植えた男」

kiwo.jpg
ジャン・ジオノ作 2015年10月 あすなろ書房刊 ¥1,000+税  読み物

お知らせが遅くなりました。「木を植えた男」は、同社より1989年にフレデリック・バック氏の絵本として出版され、同書の絵をアニュメーション化して話題になった作品です。私もバック氏の絵をよく知っていました。
以前より挿絵のない文芸版も出版されていましたが、新しく挿絵を添えた文芸版を出版するにあたって私に挿絵の依頼があり制作に入りました。しかし、あまりにもバック氏の絵のイメージが強く、私自身のイメージを見つけるのに長い時間を要してしまいました。いまだにこれでよかったのかと思案しています。

投稿者 ken kuroi : 23:11 | コメント (0)

2015年09月06日

2016年カレンダー 先行販売

calendaer.jpg
サイズ300×300ミリ 価格 ¥1,598 (税込み)
9月に入っても蒸し暑い日が続いています。絵本ハウスでは2016年黒井健カレンダーを早くも先行販売いたしました。尚、例年販売していた卓上カレンダーは来年はお休みいたします。

投稿者 ken kuroi : 00:01 | コメント (2)

2015年04月14日

新刊のお知らせ

ohazikis.jpg
戦争と平和のものがたり3「おはじきの木」 ポプラ社刊 ¥1,200+税
西本鶏介・編 作家:あまんきみこ、長崎源之助、今西祐行、川村たかし、小川未明

今年は終戦から70年にあたります。戦争の悲しさを綴る童話5編が秀逸な文章で平和であることの大切さを語ります。挿画24点。

投稿者 ken kuroi : 14:20 | コメント (0)

2014年08月05日

新刊のお知らせ

sinnksn7.jpg

(左)とんだ、とべた、また とべた! 作/森山京 市販童話 72頁 ¥1,000 ポプラ社
 森山さんのお話しは、いつも主人公の子どもたちが愛おしく、心がジンとします。
 どうしてこんなに子どもの心が わかるのでしょう。
 クマの子のいじらしさを、夕暮れの野原に描くことをこころがけました。

(右)とっても とっても いいきもち 作/やすいすえこ 市販絵本 30頁 ¥1,200 フレーベル館
 やすいさんのやさしいお話し。新しい一歩を踏み出す勇気を描いた絵本です。
 2000年に月刊保育絵本キンダーおはなしえほん として出版された絵本の市販化です。

投稿者 ken kuroi : 16:01 | コメント (0)

2014年07月11日

9月2日切手発売のおしらせ

kiite.jpg

季節のおもいでシリーズ <第3集>秋   2014年9月2日発売予定

うれしいお知らせです。しばらくぶりに黒井の切手が発行されます。

投稿者 ken kuroi : 11:57 | コメント (11)

2014年07月10日

新刊のお知らせ

sinkan.jpg

(左) あしたまほうになあれ 作/小野寺悦子 絵本32頁 ¥1,200+税 学研 2014年 

この絵本の帯にも書きましたが、35年前の作品を改訂したものです。その頃の私は、イラストレーターになって5、6年ほどで、一冊の絵本を描く機会はそう多くはなく、苦心しながら必死に描いていました。編集部に読者の方から問い合わせがあったのをきっかけに復刻されました。

(右) とんだ、とべた、またとべた 作/森山京 童話72頁 ¥1,000+税 ポプラ社 2014年 

森山京さんの童話は、いつも主人公のかわいさ、愛おしさで心いっぱいになります。今回は、なわとびの練習に一生懸命のくまちゃんと大きな木に住むりすのおじいさんのお話しです。くまちゃんかわいい!

投稿者 ken kuroi : 15:44 | コメント (0)

2014年03月22日

3月新刊絵本「すずむし」

suzumu-s.jpg

すずむし 作/久留島武彦 市販絵本33頁 ¥1,300+税 幻冬舎ルネッサンス 2014年発行

久留島武彦氏は明治から昭和までの60年間を、自ら創作した童話をはなし伝える口演童話作家として活躍された方です。「すずむし」もその中の1話で、神社の鈴がいい音が出せるようになりたくて修行に出かけるという一風変わったお話しです。

投稿者 ken kuroi : 17:46 | コメント (0)

2013年10月16日

絵本「おつきさんのぼうし」

otukisan.jpg

「おつきさんのぼうし」 文/高木さんご 絵本 33頁 講談社刊 ¥1,400+税

  おつきさんはいつも、おじいさんがつくるぼうしをみていました。
  まじょのおやこの、すてきなとんがりぼうし。
  かいぞくせんちょうの、じょうぶなぼうし。
  ハトがでたりきえたりする、いぇじなしのぼうし。
  あるひ、おつきさんは、おじいさんのつくるぼうしが、ほしくなりました。

おつ月さんの帽子を作る?どれほど大きな帽子だろう?おじいさん一人で作れる大きさ?
夜空のお月さんの輝きと、帽子のスケール感が課題の絵本でした。
デザイナーのコガシワさんがきれいな絵本に仕立ててくれました。10/17に発売です。

投稿者 ken kuroi : 16:57 | コメント (1)

2013年08月20日

近刊絵本「こぐまの くうちゃん」

kutyan.jpg

「こぐまの くうちゃん」作・あまんきみこ 童心社刊 ¥1,300(税別)  8月30日発売予定

はやしのなかに あかいはなが さいていました。「ひゃーかわいいな ぴょんこちゃんに あげよう。」
こぐまのくうは くきを こきっとおりました。「いやーん」うしろから かなしそうなこえが・・・。

あまんきみこさんのかわいいかわいいお話しです。描いている間中、「くうちゃん、かわいい」とずっと思っていました。

投稿者 ken kuroi : 23:13 | コメント (2)

2013年05月29日

新刊「ハナミズキのみち」

hana.jpg

「ハナミズキのみち」 作/淺沼ミキ子 絵本 32頁 金の星社刊 ¥1,300+税

 津波で息子を失ったあと、ねむれない日がつづき、胸が苦しくなり、呼吸困難になることが
 何度かありました。
 どうしても会いたくて、会いたくて、泣いてばかりいた日々。
 そんなある日、息子の声が、私の耳にはっきりきこえてきたのです。
 そうだ、わたしには後世につたえていく大きな役割があるんだ……。   淺沼ミキ子

旧知の編集者野上さんから手渡された原稿。作者の浅沼さんは3.11の大災害で当時26歳であった息子さんを失った方でした。大災害の当日、信じ難いことを見るようにテレビの前でただ息をのんでいた私と、その心張り裂ける悲劇の禍中にいた浅沼さんの間には、埋められない溝がありました。「私が描いていいのだろうか?」と、お受けするかどうか何日か思案しました。震災以来、何かしなければと焦りにも似た気持ちがあり、いくつかのチャリティーに参加してきましたが、少しも落ち着かない思いで過ごしていました。
浅沼さんの願いにお手伝いできたら…、と陸前高田市を訪ね、浅沼さんご自身に案内していただきました。瓦礫の整理が進められている現地は、町並みがあったとは信じられないほど荒涼としていました。息子さんの健(たける)くんの話をうかがいながら浅沼さんの強い思いが伝わってきました。
スケッチを描きはじめました。ところが震災のページになると手が止まってしまいました。体が小刻みに震えるような違和感が出るのです。私でさえそうなのに、浅沼さんをはじめ被災者の心にどう映るのだろうか。恐る恐る浅沼さんに見てもらいました。思いがけないことに、励まされました。
「きっときっと願いが叶えられますように」。完成した絵本を見ながら願っています。

投稿者 ken kuroi : 10:06 | コメント (3)

2013年03月12日

新刊「新美南吉童話集1」

nannkichi.jpg

「新美南吉童話集1」 ポプラ社 3月刊 ¥1,200+税
新美南吉童話集全5巻の1を黒井が挿絵を担当しました。南吉のやさしさが短い文にあふれている幼年童話が26話収録されています。新美南吉誕生100年を記念しての出版です。

投稿者 ken kuroi : 22:12 | コメント (0)

2012年12月17日

新刊童話「じいちゃんの森」

ziityan.jpg

「じいちゃんの森」作・小原麻由美 PHP研究所 12月27日発行 ¥1,300+税

小学3年生になる春休み、たいちは、ぜんそくがよくなるようにと、田舎にあるじいちゃんの家に家族みんなでひっこしました。はじめはコンビニもない田舎が好きになれませんでしたが、たいちは、じいちゃんが「森おやじ」とよんでいる大きなクヌギの木のところに、まいにちのようにつれていかれて、そこで、いろんなことを学びはじめます。
<小学中級以上、児童文学への挿画です。>

投稿者 ken kuroi : 23:31 | コメント (0)

2012年03月08日

ぶたのモモコシリーズ新装版

momoko.jpg

ぶたのモモコはバレリーナ&ぶたのモモコとフルーツパーラー 作/森山京 小峰書店  ¥1,100+税

展覧会を機に新装版として復刻されました。「ぶたのモモコはバレリーナ」は1986年に、「ぶたのモモコとフルーツパーラー」は1993年に出版されたものです。当時、フランスで小さいけれど丹念に描かれたオシャレな絵本を見つけました。そんな絵本を作りたいと、時間をかけて丹念に描き上げた絵本でした。私にとっても待望の復刻です。


投稿者 ken kuroi : 00:09 | コメント (1)

2011年11月12日

新刊絵本「バスがくるまで」

bus.jpg

「バスがくるまで」作・森山京 小峰書店 11月15日発行 ¥1,400+税

こまのこは、おばあちゃんをお迎えにひまわりの丘のバス停まで出かけていきます。おばあちゃんが来るまでまだ1時間もあります。くまのこがバス停で見たものは・・・・。森山さんのかわいいかわいいおはなしです。ほのぼののんびりを表現するために、絵筆を使って描きました。デザインして下さった小柏さんのセンスもいい。楽しかった!

投稿者 ken kuroi : 11:52 | コメント (0)

2011年09月13日

新刊「つきを あらいに」発売

tukiara.jpg
「つきを あらいに」作・高木さんご ひかりのくに 9月発行 ¥1,280+税

この絵本は、2005年に月刊絵本9月号として刊行されたものです。この度市販絵本として書店でお求めいただけるようになりました。作者の高木さんは絵本作家で、ご自身も絵を描かれるのですが、作家として多くの画家と絵本も刊行されています。
このお話しはスケールの大きい楽しい絵本になりました。洗い終わったお月さんの明るさを表現することができていたらいいのですが・・・。

投稿者 ken kuroi : 23:18 | コメント (3)

2011年09月09日

童話の新装版発売

ningyo.jpg

にんぎょのいちごゼリー」 作・末吉暁子 フレーベル館 1,000円+税

この童話の初版は1982年です。私の絵は1986年出版の「ごんぎつね」で大きく変化するのですが、
その4年前の出版、一冊を通して陰りのない明るい絵が添えられています。
今でもこんな絵が描けるのだろうか?と思いました。

投稿者 ken kuroi : 21:04 | コメント (2)

2011年09月08日

2012年カレンダー発売

2012c.jpg

今年もカレンダーの季節になりました。

投稿者 ken kuroi : 23:13 | コメント (6)

2011年04月12日

新刊「よるのふね」発売

yorunohune.jpg

●「よるのふね」作/山下明生 ポプラ社刊 2011年4月発行 定価\1,300+税

 わたしは、父さんと やねに のぼって、うみを みていた。
 むこうから ひかりが すすんでくる。 たくさんの ひかりが!
 すると 父さんは ふねになって わたしを のせると、うみに のりだした。

山下さんから原稿をいただいてから、10数年の歳月が過ぎての出版になりました。当時の私の画法では、このファンタジーを表現することが想像できませんでした。それなのに挑戦してみたかったのです。
最初にイメージしていた海の表現とはしだいに変化していきましたが、波を一点づつ描いていくことが自分を納得させる作業だったようです。思いがけない絵本に仕上がりました。
 

投稿者 ken kuroi : 21:57 | コメント (3)

2011年03月27日

絵本「うまれてきてくれて ありがとう」

 arigatu.jpg
作/にしもと よう 童心社 2011年4月発行 定価¥1,300+税

昨年出版されたマーガレット・ワイズ・ブラウン作の「おひさまとおつきさまのしたで」に続いて’かわいい’の答えを求めて描いた絵本です。私たちは赤ちゃん、動物の赤ちゃんも目にすると、そのかわいさに思わずにっこりします。顔立ちがかわいいのでしょうか?いや、違います。しぐさがかわいい?うんそれもあります。いったいどう表現したらいいのでしょう。またその答えを求めて格闘して描いた絵本です。

投稿者 ken kuroi : 23:56 | コメント (1)

2011年03月13日

新刊「ふくろうはかせのものまねそう」

monoma.jpg

●「ふくろうはかせのものまねそう」作/東野りえ ひさかたチャイルド ¥1,200+税 
3月25日予定

風変わりな発明家のふくろうはかせが発明した「ものまねそう」、話しかけるとおなじことばをマネするお花。
チョッと心の曲がったきつねのつねじがもらいました。心にツンと来るゆかいなおはなしです。

投稿者 ken kuroi : 20:29 | コメント (0)

2010年11月23日

新刊「つるのおんがえし」

turuno.jpg

「つるのおんがえし」 磯みゆき・文 小学館 ¥1,000+税 11月末発売

年内最後の新刊です。「つるのおんがえし」「鶴女房」と、昔からよく知られたお話しです。このお話しに絵を添えるにあたってどういったイメージで描こうかと思案しました。新しい視点からか、また昔のイメージかと。
結局『まずしい農夫』と言うことばから後者を選びました。朽ちた土壁を知っている最後の世代かもしれませんから、それを視点の入り口として描き進めました。

投稿者 ken kuroi : 11:44 | コメント (0)

2010年11月17日

復刻絵本

aman2.jpg

今年大好きなあまんきみこさん作の絵本が年月をへて、相次いで復刻出版されました。
それぞれ、かなり以前に描いたものです。

●「すずおばあさんのハーモニカ」 ひさかたチャイルド刊  ¥1200+税 
 この絵本は1982年におはなしチャイルド(保育月刊誌)に掲載された作品です。

●「うさぎがそらをなめました」 フレーベル館刊  ¥1200+税 
 この絵本は1998年にキンダーおはなしえほん(保育月刊誌)に掲載された作品です。

投稿者 ken kuroi : 23:07 | コメント (1)

2010年11月16日

冬のグリーティング切手

kitte.jpg
 
お知らせするのが遅くなりました。冬のグリーティング切手が11月8日に発売されています。
全部で三種のシートが発行されています。黒井の担当は50円切手のグリーンシートの中の一枚です。

投稿者 ken kuroi : 23:50 | コメント (1)

2010年09月22日

10月新刊

moon-sun.jpg

「おひさまとおつきさまのしたで」 マーガレット・ワイズ・ブラウン作  
 教育画劇刊 ¥1100+税

絵本編集者であり児童文学者であったマーガレット・ワイズ・ブラウンの文に絵を添えた作品です。幼さのかわいいをどうしたら表現できるだろうかと格闘していました。結果的には赤ちゃんの幸福な日々をあたたかく包んでくれるかわいい絵本に仕上がりました。自画自賛です。

投稿者 ken kuroi : 23:02 | コメント (4)

2010年07月09日

「だれかがぼくを」近刊のお知らせ

dareka.jpg
「だれかがぼくをーころさないで」 内田驎太郎・作 PHP研究所 ¥1,200

人を殺そうとしたぼくの手を止めてくれたのはだれだろう。遠くから聞こえてきたなつかしい声。「ころしちゃだめ」。だれだかわからない、なつかしい声。

殺意を主題として書かれた文章。この難題に絵をそえるのに5年近い歳月を要しました。果たして内田氏の心に寄り添えたでしょうか。

投稿者 ken kuroi : 22:55 | コメント (3)

2010年03月13日

近刊「さるとかに」

sarukani.jpg
近刊「さるとかに」 林彩子/文 学研のおとぎばなし ¥300 4月上旬発売予定

さるかに合戦を描いてみました。よく知っているはずのお話しなのですが、こうしてしっかりと読んでみますと、ものすごいお話しですね。親ガニの敵討ちにハチはいいのですが、牛のフン!うす!何と言う発想でしょうか。奇想天外だったのですね。楽しい制作でもありました。
この絵本は月刊直販誌ですので書店では購入できません。
絵本ハウスで、200部だけ販売する予定です。

投稿者 ken kuroi : 00:06 | コメント (2)

2010年01月01日

近刊「ころわんが はる みっけ!」

koroharu.jpg

「ころわんが はる みっけ!」間所ひさこ/作 ひさかたチャイルド刊 ¥1,200+税 1月末発売予定

2010年 明けましておめでとうございます 本年もよろしくおねがいいいたします。

新春ですので、春みっけ!の近刊お知らせをいたします。ころわんシリーズはいったい何作目になるのでしょうか、わからないくらいの長いシリーズになりました。
ころわんが見つけた小さな春のように、皆さんにとっても素晴らしい見つけものがある年になりますように。

投稿者 ken kuroi : 00:37 | コメント (5)

2009年11月22日

新刊「かかしのじいさん」

kakasi.jpg

「かかしのじいさん」 深山さくら・作 佼成出版 ¥1,300+税  12月上旬発売予定

スズメから稲を守ることが仕事のかかしのじいさんは、かわいいスズメの子に愛着を感じてしまいました。
ある日、カスミ網がかけられてしまうことを知ったじいさんは・・・・。

どんな顔のじいさんにしようかあれこれスケッチしているうちに、こわい顔なのにどこか間の抜けたじいさんになっていきました。青い稲から米の花が咲き、そして稲穂をつけて行く田んぼを描くために、近郊の里山に幾度も出かけてはながめていました。

投稿者 ken kuroi : 13:02 | コメント (2)

2009年10月05日

12月24日ギフト版の発刊

1224.jpg

「12月24日」クリスマス・イブの日に 
黒井健・作絵 白泉社 ¥1,100+税  10月下旬発売予定

長い間品切れになっていた「12月24日」が形を変えて発刊されます。1994年の初版から新装版を経て、ギフト版として、装いを新たによみがえりました。この絵本の制作に際しては、北欧フィンランドを訪ねて古い民家を取材したり、トナカイに会ったりした思い出深い絵本です。初版の装丁もとても気に入っていましたが、本を生かすために装画を変え、判型を小型に変更いたしました。眠っていたこの絵本を惜しいと思って下さった編集氏に感謝です。

投稿者 ken kuroi : 21:47 | コメント (3)

2009年08月06日

動物愛護週間制定60周年記念切手

09stanp.jpg

●発売:2009年 9月18日   価格:寄付金付きで1シート ¥550
動物愛護週間制定60周年記念切手が発行されます。4人の画家が作画しているのですが、黒井は2点の猫と2点の犬を担当しています(真中の2点と一番下の2点です)。たのしい制作でした。

投稿者 ken kuroi : 22:17 | コメント (8)

2009年07月23日

凪のギフトブック「ここにいるよ」

nagi-b.jpg

「ここにいるよ」季節の花とねずみたち  人形制作/凪 写真/亀田龍吉 世界文化社 ¥1,260
 
2008年に凪制作の立体とのコラボレーションに始った凪の世界が、とうとうギフトブック写真集となって発刊されました。四季の花に遊ぶネズミたちは人形と思えないほど自然にとけ込んでいます。植物写真家の亀田氏は、ねずみたちと旅をしてくれたのです。

投稿者 ken kuroi : 10:05 | コメント (7)

2009年07月21日

合紙絵本「うさぎとかめ」

usakakej.jpg

新刊「うさぎとかめ」 おひざえほんシリーズ 小学館 ¥450

「うさぎとかめ」は月刊絵本などで何度も描いてきましたが、このシリーズはおかあさんお膝で読み聞かせるためにと編集されました。読み手のアクション解説がついています。こどもたちの喜びが聞こえてきそうです。

投稿者 ken kuroi : 10:08 | コメント (0)

2009年07月09日

新刊「すみれちゃんのあついなつ」

sumire-summer.jpg

児童書「すみれちゃんのあついなつ」 石井睦美・作 偕成社刊 ¥1,000+税

すみれちゃんは2年生、妹のかりんちゃんやなかよしのまりちゃんとの夏休みがはじまります。
すみれちゃんシリーズ3作目です。

投稿者 ken kuroi : 23:57 | コメント (5)

2009年06月12日

新刊「招福堂のまねきねこ」

manekineko.jpg

「招福堂のまねきねこ」 茂市久美子・作  学習研究社 ¥1,200 6月23日発売 

「またたびトラベル」の続刊が発売されました。再び、作家茂市さんの筆が不思議な旅が紡ぎだします。
・再会 ・ネコの手貸します 
・またたび温泉 ・招福どうのまねきねこ
・後悔しない旅 ・耳かきマイスター
前作に続いて、またたびトラベル社が薦めるユニークなツアーがオムニバスに構成されています。
おもしろい!そもそも茂市さんご自身がユニークで不思議な人物なのですから。

投稿者 ken kuroi : 09:38 | コメント (7)

2009年03月18日

近刊「もりやまみやこ童話選3」

mori.jpg

「もりやまみやこ童話選3」作・森山京 3月末刊行 ポプラ社 ¥1,200

この童話選はもりやまみやこ童話選全5巻のうちの3巻目にあたります。各巻それぞれ画家が違います。
この巻は、「「おとうとねずみチロのはなし」「けんかの後ごめんなさい」など、とてもかわいいお話しが収録されています。ほんわかとした気持ちで描き上げました。

投稿者 ken kuroi : 09:51 | コメント (1)

2009年03月01日

新刊「赤いポストとはいしゃさん」

kunnkumi.jpg
「赤いポストとはいしゃさん」薫くみこ/作 ポプラ社 ¥1,300(税別) 3月13日発売

昨年から描いていた絵本がようやく完成しました。雪の降る前に仕上げたかったのですが、立春を過ぎての発売になってしまいました。薫さん、遅くなってすみません。
 
 こころやさしい若い歯医者さんの診療所は、いつも村の人たちで満員です。
 診療を終えた夜になると、山の動物たちがやってきます。前歯の折れた小リス、
 ほっぺを腫らした双子の子グマたち。そのお礼は、先生のお母さんに手紙を
 書くお手伝いをする事なのです。そしてポストは・・・。

東京に雪が降ったりする3月の発売になりました。


 

投稿者 ken kuroi : 10:04 | コメント (4)

2009年02月28日

季刊誌「この本読んで!」

konohon.jpg
季刊誌「この本読んで!」春号 発売中 ¥1,050 

この表紙は誰の絵?と思われるような絵本ができました。雑誌の中の8ページなのですが、なかなか楽しい制作でした。
今江祥智さんの創作です。依頼をいたただいた時に、「今江先生が描いて下さるなら…」とお願いをしたら、引き受けて下さいました。出来上がったお話しを読んでビックリ!!今まで描いた事のない愉快でスケールの大きいお話し!一度ひるみましたが、これは今江先生の啓示であると、今までの技法を棚に上げて初めての描方にしてみました。描いていて楽しい、不安、でも楽しい!の繰り返しでした。
今江先生、ありがとうございました。

投稿者 ken kuroi : 20:22 | コメント (2)

2008年12月11日

新刊「くもりガラスのむこうには」

kumori-1.jpg

「くもりガラスのむこうには」 2009年1月発行 あまんきみこ・作 岩崎書店  ¥1,300+税

 あの日、かぜで学校をやすんだの。
 つまんないな。
 わたし、ゆげでくもっているまどガラスを、ひとさしゆびのさきでこすった。
 くいくいくい。
 こすったところがすきとおって、まっ白な庭がみえてきた・・・

大好きな作家、あまんきみこさんの作品です。読むたびに日常の世界から一瞬のうちにファンタジーのせかいに連れていかれます。なんて心地いいせかいなんでしょう。し、しかしどうやって描こう?どうしたら、このせかいを壊さない絵が・・・。ゆげでくもっているガラス??相変わらずしくはくして描き上げました。

投稿者 ken kuroi : 09:30 | コメント (3)

2008年11月19日

新刊「うみへ いった くじら」

kuzira2.jpg

日本民話より「うみへ いった くじら」 再話/ こわせたまみ 月刊誌1月号 ハードカバー ¥550

 むかし むかし くじらは やまにすんでいました。
 とくからでも みえる おおきな からだで、
 やまじゅうを かけまわって くらして いました。

山にすんでいたクジラが海にすむまでの、スケールの大きなゆかいな民話です。
いつも静かな絵を描く黒井が、ダイナミックなお話しにひかれて少しめずらしい仕上がりになりました。
月配本の直販絵本なので、書店では販売されませんが、絵本ハウスに100冊限定で入荷しました。
(※出版社に問い合わせがいきますと、迷惑をかけますので版元は伏してあります)

投稿者 ken kuroi : 23:21 | コメント (4)

2008年10月25日

冬のグリーティング切手

w08stanp.jpg

●冬のグリーティング切手 12月8日(月)発売  各100万シート
・50円郵便切手シート(小出真巳、星山理佳、黒井健、永田萌、新井苑子) 
・80円郵便切手シート(黒井健、永田萌、新井苑子、小出真巳、新井苑子) 
※各シート、子猫の絵柄が黒井健の切手 写真をクリックすると大きく見られます。

投稿者 ken kuroi : 11:01 | コメント (4)

2008年08月31日

新刊「耳なし芳一・雪女」

ha-n.jpg

新装判「耳なし芳一・雪女」 講談社青い鳥文庫 8/29発売  ¥570(税別)

あまり手がけることない時代小説、モノクロの絵と、小泉八雲の怪談傑作選に挿し絵を描きました。依頼された時に「どうして私に?」と聞きましたら、「黒井さんなら、あまり怖くない絵ができそうだから・・」と。確かに私は怖い絵が苦手なのです。どうやっても怖い絵にならないのです。でも時代小説、けっこう楽しかった。

投稿者 ken kuroi : 23:20 | コメント (0)

2008年08月23日

山田太一さん短編

絵本以外の挿し絵紹介です。8/28版(すでに書店に並んでいます)の「週刊新潮」に山田太一さんが川崎へいらっしゃい」という短編を書かれました。それに絵を1点添えさせていただきました。川崎の二子新地から高津まで取材をして歩いて描き上げました。絵本「リリラン」以来の一緒の仕事でうれしい依頼でした。
「週刊新潮」8/28、巻末ページに掲載されています。

投稿者 ken kuroi : 08:02 | コメント (2)

「ころわんが よーい どん!」

yo-idon.jpg
2008年8月発行 作/間所ひさこ ひさかたチャイルド ¥1200+税

ころわんの運動会!ちょろわんやねこちゃんたちと公園で運動会をします。さー、準備体操です。
ここで困った!どうやってみんなを準備体操させるのか?だって、ころわんシリーズは擬人化していないのです。う〜ん、どうしよう。
ころわんの新刊です。

投稿者 ken kuroi : 06:51 | コメント (1)

2008年05月21日

新刊「わたしのいるところ」

watasino.jpg
「わたしのいるところ」 菅原優子・詩 5月24日発行 ¥1,200 リーブル刊

久しぶりの詩の絵本の新刊です。菅原さんの書かれた詩は、ストーリーがあって「わたし」と語られる主人公の少女の心に添いながらも、何も言ってあげられないまま描き上げました。詩に絵を添えることはなかなか難しいことを、あらためて感じさせられました。

投稿者 ken kuroi : 23:09 | コメント (5)

2008年03月16日

ポストカード 新発売

new-pc3.jpg

絵本ハウス制作のねずみちゃんポストカードが8種発売します。立体フェルト作家の凪とカメラマンの亀田氏による制作です。この作品は月刊保育絵本「ワンダーブック」2008年4月から、季節ごとに掲載されることになっています。昨年春から撮影されて夏秋と撮り続けられた中から選んだものです。4月の開館とともに発売します。

投稿者 ken kuroi : 23:19 | コメント (2)

2007年12月18日

新刊「天の町やなぎ通り」

yanagi1.jpg

「天の町やなぎ通り」 あまんきみこ・作  あかね書房刊 ¥1,300+税
ああだこうだと、描き上げるのに長い間かかって、ようやく「天の町やなぎ通り」が出版されました。
あまんきみこさんの作品は大好きで、「おかあさんの目」など何冊も描かせてもらっています。この作品も幻想的で文を損なわない絵を描き上げるのに時間がかかってしまいました。果たしてそうなってくれたかは自信がありません。

投稿者 ken kuroi : 17:32 | コメント (4)

2007年12月03日

新刊「すみれちゃんは一年生」

sumire2.jpg

石井睦美・作 偕成社刊 12月発売 ¥1,000+税
ようやく「すみれちゃん」の2巻が発売されました。
幼稚園生だったすみれちゃんが小学校に入学します。かわいくやんちゃに成長した妹のかりんちゃんはおねえちゃんに・・・・。デザイナーによってかわいくにぎやかにアレンジされた挿絵は私が描いたと思えなかったりして、おもしろい。

投稿者 ken kuroi : 08:05 | コメント (1)

2007年11月29日

グリーティング切手発売

stanp2.jpg

お知らせが遅くなりましたが、11月26日に切手が発売になりました。永田萌さんや村上勉さんとセットでの発売です。私の絵は右のシクラメンの中にある猫の絵です。靴下の中に入って眠っているのですが、トリミングがされています。

さて、今年の絵本ハウスも明日30日で冬休みに入ります。今年おいで下さった皆様、本当にありがとうございました。来年4月1日、また新たな企画をもって開館いたします。

投稿者 ken kuroi : 23:33 | コメント (5)

2007年07月29日

ポストカード新発売

nagi-koubou.jpg

凪工房フェルトジオラマポストカード6種 各¥150(税別)

1月の松屋銀座展で発表以来、問合せの多かったフェルトジオラマですが、作品自体は展覧会などでの展示の為に販売することは出来ませんが、ポストカードにして発行いたします。ジオラマをスタジオで一点一点撮影してもらいました。「12月24日」のように原画の情景をイメージしたものと、スッキリと雰囲気を撮ったものなど、デザイン印刷を経て気に入ったものが仕上がりました。7/31から絵本ハウスで販売開始します。
尚、ショップの販売物など通販の問合せをいただいています。一部、お返事を差し上げてなくて申し訳ありません。ホームページからの通販は構築されていませんが、それぞれ絵本ハウスに直接お尋ね下されば幸いです。お話を伺って、可能な場合はお答えしております。
●絵本ハウス 電話&FAX 0551-48-3833

投稿者 ken kuroi : 10:09 | コメント (2)

新刊「つきのよるのものがたり」

moon.jpg
「つきのよるのものがたり」 かさいまり・作 ひさかたチャイルド ¥1,200 8月中旬発売

昨年お知らせした「つきのよるのものがたり」が早々と市販されます。
表紙を開くと夜の黒井健絵本ハウスが描かれています。清里に馴染んで以来、はじめての清里発の絵本になりました。ギャラリーの様子や林など、絵本ハウスを訪れた方にはページをめくる度に、どことなく知った印象があると思います。この絵本の原画をギャラリーに展示するのが楽しみなので、10月に予定いたしました。
全国発売を前に、出版社の好意で、いち早くショップで販売しています。

投稿者 ken kuroi : 09:38 | コメント (3)

2007年05月17日

黒井の近ごろ

yanagi.jpg
制作中の「あまんきみこ作品」からの1点

ネットを通じて近ごろの黒井を、ご心配いただいています。
近ごろについて少し書きます。昨年からの怒濤の忙しさが1月の松屋銀座展で一区切りついたのですが、区切りがつき過ぎてボーとしてしまいました。
私の周辺では、長く親しい編集者や同級生が定年をむかえたりしています。昨今のニュースが団塊世代の定年後をテーマに番組を伝えています。私もどこか一区切りといった心境なのかもしれません。そんな時期なんだ、少しゆっくり生きようかなあ、などとぼんやりしていました。

えっ?もう5月も半ば!そうもしていられない!
現在進行しているのは、大好きなあまんきみこさんの作品です。昨年から少しづつ描いてまだ1/3程の仕上がりです。それから石井睦美さんの「すみれちゃん」の2作目の原稿渡しが終わりました。近く発刊されます。今年は2年ぶりにころわんの新作も来月中に描き上げます。まだまだお受けして、楽しみにしている作品が多くあります。定年なんて言っていられない!!

投稿者 ken kuroi : 09:15 | コメント (9)

2007年03月02日

「LONG NIGHT」復刻出版

LPNG.jpg
「LONG NIGHT」黒井健・文 瑞雲社 ¥1500(予価) 3月末日出版予定

お待たせいたしました、「LONG NIGHT」がようやく復刻いたします。「HOTEL」を発行してくれた瑞雲社から同シリーズとして同じ版形での出版です。こちらは本の大きさは小さくなりますが、レイアウトデザインはほんの少しの変更で、文章は初版の時のままにいたしました。
4月から開館5年目を迎える絵本ハウスで、復刻をお祝して両方の原画を展示する予定でいます。

投稿者 ken kuroi : 00:05 | コメント (2)

2007年03月01日

ころわんシリーズ最新刊

chorowan.jpg
「ころわんちょろわん」 作・間所ひさこ ひさかたチャイルド刊 ¥1200+税 2月発売

なかよしのちょろわんが風邪をひいてしまいました。おいしゃさんにいったよ、とちゅんちゅんすずめが教えてくれました。「ちょろわん だいじょうぶかな?」ころわんは心配します。次の日も花を持ってお見舞いにいきましたが、ちょろわんは元気になっていませんでした。「ちょろわん だいじょうぶかな?」心配で心配で・・・。
ころわんシリーズの最新刊です。

投稿者 ken kuroi : 23:08 | コメント (3)

2007年01月04日

作品集 再版

works.jpg
黒井健works「 SINCEそれから」 白泉社 ¥2,600

1999年に出版され、3年前に完全に品切れになっていた「 sinceそれから」が、銀座松屋展のために1,500部だけ再版されることになりました。改訂版ではありませんので、出版リストも1999年までですが、画法から当時の全てが編纂されています。絵本ハウスでも「あの本は在庫していないか」と、問合せを多くいただいていましたが、いい返事ができないでいました。展覧会のみで販売するもので、書店では入手できません。展覧会後に残部数があれば4月より絵本ハウスで販売いたします。

投稿者 ken kuroi : 23:27 | コメント (2)

2006年12月05日

2006年最後の新刊

kasazizou2.jpg
「かさじぞう」 松谷みよ子・文 童心社 12月10日発行 ¥1100

以前にもお知らせしました絵本「かさじぞう」が発売になりました。10月中旬に脱稿して2ヶ月弱、担当編集の方が何度も色校正をしてくれて、丹念な絵本になりました。時代背景を江戸末期にしていますので、どことなく「ごんぎつね」を思い出す気もします。そう思うと「ごん・・」を描いたころと差ほど進歩していないなあ、などとも思ったりします。
この絵本は、いつもの色鉛筆ではなく、ほとんどオイルパステルを使って描きました。深々と降る雪を思う存分描いた絵本です。

投稿者 ken kuroi : 23:39 | コメント (6)

2006年09月17日

改訂版「HOTEL」の発刊

hotel.jpg
「HOTEL」文・黒井健 瑞雲社 ¥1,500 9月下旬発行

1992年に河出書房新社から発行された「HOTEL」の、出版社を変えての再出版です。絶版になった以降、多くの方に、どこで入手できるか・・と、問合せをもらいましたが、古書を探していただくしか方法がありませんでした。この度、縁あって再発行の声をいかけていただきました。再発刊に際して、全てをもう一度見直し、絵に少し手を加え、気になっていた文を全面的に書き換えました。さらに、デザインも見直し従来よりも本サイズを大きくして原画と同寸の出版になりました。私としては最良の形にしたつもりですが、以前の本をお持ちの方は見比べてみてご意見を聞いてみたいと思っています。

投稿者 ken kuroi : 10:10 | コメント (7)

2006年09月16日

新刊「ふる里へ」

sweethome1.jpg
画文集「ふる里へ」 文・星野知子 全40ページ 小学館 ¥1,900 9月下旬

以前に新潟日報社より発行された「きんのいなほ」についてこのブログでお知らせしました。「きんのいなほ」は新潟中越地震の復興キャンペーンとして新聞で半年間連載したものを絵本にして新潟県の小中学校の子どもたちに無料配付されたものでした。
その絵本を元にして、あらたに絵とエッセイを加えて再編集いたしました。1998年ころより、里山に惹かれて、ある集落を四季を通じて取材し始めました。数軒の家々とたんぼ、そして林やもり、川など、私は暮れなずむまでたんぼの畦にたたずみ、遠い電車の音を聞いたり、ぽつぽつとつき始める家々の灯りを見ていました。営々と人の暮らしてきた原点がありました。あしかけ8年を費やしたふる里の集大成となり嬉しい出版です。これも多くの方々の助力によるものでした。
郷里を近くする女優の星野さんの文を得て、ふる里が生き生きと心に蘇る画文集になりました。

投稿者 ken kuroi : 23:18 | コメント (2)

2006年07月29日

月刊誌絵本新刊

moon night1.jpg

moon2.jpg
「つきのよるのものがたり」かさいまり作 チャイルド本社 直販誌アップル9月号 ¥350

久しぶりに小さな子ども達のために絵本を描きました。絵からねずみが飛び出すお話です。ギャラリーのモデルは下の絵のように<絵本ハウス>です。初めて絵本ハウスを描いたのでとても楽しかったのです。この絵本は園配本です、書店では買えませんので、少部数出版社にお願いしてショップに入荷しました。尚、近い将来書店販売として出版される予定があります。

投稿者 ken kuroi : 10:10 | コメント (3)

2006年04月27日

近刊「この街で」

konomati.jpg
「この街で」新井満・文 PHP研究所 5月末発行予定 ¥1200

新井満さんの著書『千の風になって』を読んで依頼、新井さんに会いたいと思っていました。2005年の秋に新潟の友人が新井満さんに紹介してくれました。その夜、親しく飲むことになり、『この街で』の詩を朗読してくれました。「なんて素敵な詩なんだろう」と、その際私も含めて友人たちも朗読してみました。みんな、途中で胸に迫るものがあり、涙で読めなくなるのです。それぞれ違う人生を歩んできたはずなのですが、心の奥にしまわれていた思いが溢れてきたのだと思います。驚いてしまいました。その場で新井さんに絵本にさせて欲しいとお願いしていました。私の故郷を初め、訪れた街の情景を思いを込めて描きました。大人のための絵本になりました。
同時にポニーキャニオンから音楽CDも発売されるそうです。

投稿者 ken kuroi : 07:32 | コメント (4)

2006年04月17日

リリアン

riran.jpg
「リリアン」表紙 山田太一・作 5月中旬出版予定 小学館

「リリアン」は、現在印刷をする用紙を変えたり、色の調整を丹念にしてもらったりと出版に向けて進行中です。表紙を含むブックデザインは岡本氏です。1988年出版の「手ぶくろを買いに」以来、わたしの絵本の八割方をデザインしてもらってきました。毎年発行しているカレンダーも岡本氏によるものです。毎回、繊細な仕上がりに喜んでいます。
「リリアン」は表紙から見返し、本文まで、短編の映画のように造本してくれました。いつにもまして凛とした絵本になりそうです。とても楽しみにしています。

投稿者 ken kuroi : 08:08 | コメント (1)

2006年03月15日

海のおっちゃんになったぼく

umino.jpg
「海のおっちゃんになったぼく」なみかわみさき/文 クレヨンハウスより6月出版予定

この絵本はクレヨンハウスから出版されている月刊雑誌「クーヨン」の前身「音楽広場」に掲載された絵本です。いまから11年前1995年の発表になります。
海辺に暮らす『ぼく』が渚で海の卵を見つけて、家にもって帰ります。ビ−玉の卵はプチンと割れて海の赤ちゃんが生まれました。しだいに大きくなって行く海に『ぼく』はびっくりしながら見つめて行きます。物語は大阪弁で語られています。あらためて見るとサンダ−紙のような特殊な用紙に通常と違った手法で描かれ、我ながら魅力的な絵本に仕上がっていました。作家の椎名誠氏のお気に入りの作品だそうです。時を越えたうれしい出版です。

投稿者 ken kuroi : 21:43 | コメント (3)

2006年02月28日

新しい絵本

riri.jpg
「リリアン」より 山田太一・作 小学館より5月中旬発売予定

2月も終わろうとしています。久しぶりに更新しています。昨年の末からこの絵本の仕上げに夢中になっていました。敬愛している脚本家の山田太一さんと是非絵本を作りたいと、直接お願いしてから随分長い年月が過ぎてしまいました。お願いしてから数年過ぎて待望の原稿をいただきました。6歳の少年の心を書いた幻想的な作品でした。果たして私の力量で描けるものか心細くなり、取材や試作を繰り返して、とうとう山田さんよりも時間がかかってしまいました。先週末脱稿しました。昨日、できたての原画を見ていただいたばかりです。充分過ぎる時間をいただいて、苦しくて楽しい絵本でした。

投稿者 ken kuroi : 00:22 | コメント (3)

2006年01月25日

月刊保育絵本

ukionna.jpg
「ゆきおんな」 櫻井美紀・文 ワンダー民話館 出版社よりの入手不可

昨年、制作中という報告をしました「ゆきおんな」です。どこから出版ですか?という問合せが数件ありました。出版社に尋ねましたところ、団体の年間購読のみの販売で、個別には通販はできないとの返事でした。絵本ハウスの方で70部以上購入しましたので、少しですが4月の開館から販売いたします。「ゆきおんな」は恐いおはなしですので、私のできる限り(実は恐いのは苦手でもあります)恐く描いたつもりです。28ページ、定価¥420

投稿者 ken kuroi : 22:58 | コメント (2)

2006年01月06日

新潟中越地震復興キャンペーン

kinnnoinaho.jpg
絵本「きんのいなほ」 新潟日報社 1月14日発行 非売品
昨年の春から半年間、私の出身地の新潟で、新聞を通じて<中越地震復興キャンペーン>のお手伝いをさせていただきました。大きな地震の際の体験記事の中で何を描いたらいいものかと思いめぐらして、私はふるさとの美しい情景を描くことにいたしました。幼いころ私自身も、こうした豊かなふるさとの中で育まれていたことを強く感じながら描きました。大人たちが子どもたちのために、もう一度ふるさとを取り戻してくれることを祈って、この特集を終えました。それが、同県出身の女優、星野知子さんの文を得て1冊の絵本になりました。これは、県内の小学校を中心に無料配布されます。
残念ながら、市販はされません。新潟日報社より30部いただけることになりましたので、絵本ハウスが4月に開館いたしましたら、先着順に差し上げたいと思います。ご希望の方は4月1日以降に、お申し出下さい。
今後、この絵本を再編集して全国に市販することも現在検討中です。

●この絵本の贈呈式が1月14日(土)pm1:00〜、新潟県長岡市、ホテルニューオータニ長岡NCホー   ルで行われます。その中で星野知子さんとのトークショーを予定しています。

投稿者 ken kuroi : 12:19 | コメント (4)

2005年12月16日

翻訳出版

midnight.jpg
2006年1月12日発行 詩/ナンシー・W・カールストロム 訳/木原悦子 新樹社刊 ¥1400

1998年に米国PHILPMEL社より出版された絵本の翻訳出版がようやく実現しました。この絵本を描くためにナンシーさんの住むアラスカ、フェアバンクスに1週間滞在して取材した思いで深い絵本です。アラスカの空をセスナで飛んだり、極寒の地に生える木や花を見、アラスカ大学に生物を調べて描いたものです。春を迎えるイヌイットの人々の喜びを歌った絵本です。

投稿者 ken kuroi : 09:12 | コメント (4)

2005年11月22日

12月発売の新刊童話

sumire.jpg
<すみれちゃん> 石井睦美・作  偕成社刊 ¥1000+税
大阪毎日新聞に1ヶ月間連載された童話の単行本化です。元気な幼稚園生のすみれちゃんが主人公で、一人っ子だったすみれちゃんがおねえちゃんになるまでのおはなし。この童話は、すみれちゃんの成長に合わせて1年生、3年生と連載されました。主人公の元気さを表現するために、いつもと画法を変えてCGと手描きを使って描きました。

投稿者 ken kuroi : 18:01 | コメント (0)

2005年10月22日

月刊絵本

のりんこさんより
Q:今年2冊書き下ろしたという直接配本の本、発刊会社と書籍名、出来れば発刊時期も教えてもらえませんか。1冊は「つきを あらいに」だと思いますが、もう1冊は・・・?出来れば、是非お願いします。

A:お答えします。1冊はおっしゃるとおり「つきを あらいに」です。もう1冊はつい先週描き終えた民話「ゆきおんな」です。出版は2006年1月頃だと思います。書店で販売しない絵本ですので、直接購入できるかどうか確認してから出版社など子細をお知らせします。少しお待ち下さい。

投稿者 ken kuroi : 08:17 | コメント (1)

2005年10月20日

ころわん

ころわん[画像]

2005年の市販絵本の出版は現在のところ4册です。書店では入手できませんが保育月刊誌の描き下ろした作品が2作あります。他に年内に必ず完成したい作品があります。
がんばらなければ!最新刊:ころわんシリーズ「ころわんと ころころ」

投稿者 ken kuroi : 00:42 | コメント (2)

ページトップ